INSIGHT - 2020.5.9

まとめ:全国の美術館・博物館の再開状況

新型コロナウイルスの影響を受け、各地で臨時休館となっていた美術館・博物館。一部の県での制限緩和などを受け、様々な対策を講じたうえで再開を始めた館をまとめた。随時更新予定。

大分県立美術館

 一部の県では制限の緩和も行われ、これを受けて各地の美術館・博物館では、様々な対策を講じたうえでの再開が始まっている。ここでは、再開を決定した館と、その展覧会情報をまとめてお届けする(※は各館が発表している主なコロナ感染防止対策)。なお各館を訪れる前にはウェブサイトから最新の情報や注意事項をチェックしてほしい。

・日本博物館協会の感染防止ガイドラインについてはこちら
・国際博物館会議(ICOM)の新型コロナ基本対策についてはこちら
・国際美術館会議(CIMAM)の新型コロナに関する注意事項についてはこちら

北海道

苫小牧市美術博物館
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。ドア、手すり、エレベーター、トイレなど手が触れる箇所についての定期的な清掃。職員のマスク着用。混雑時の入場制限。

北海道立近代美術館、北海道立三岸好太郎美術館
再開:5月26日〜
※アルコール消毒液の設置。検温。入館時に「連絡先記入用紙」への記入。スタッフのマスク着用。混雑時の入場制限。受付に飛沫感染防止シールドを設置。

北海道立総合博物館
再開:5月26日〜

東北

青森公立大学国際芸術センター青森(ACAC)
再開:5月7日~
※入場時、連絡票に名前・住所・連絡先などを記入。

青森県立美術館
再開:5月21日〜
※アルコール消毒液の設置。来館前の検温要請。6名以上の団体・グループでの来館は事前に要電話。

八戸市博物館
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用。入場規制(50名)。受付での個人情報の記入。

十和田市現代美術館
再開:6月9日〜
※常設展のみ

岩手県立美術館
再開:5月8日〜
※アルコール消毒液の設置。スタッフの健康管理(定期的な体温測定、マスクの着用)。ドアノブ、エレベーターなど手が触れる箇所についての定期的な清掃。各展示室内の空気環境の維持。入館時の検温。

岩手県立博物館
再開:5月8日~
※入り口での手指の消毒。受付での体調確認。受付での検温。混雑時の入場制限。

もりおか歴史文化館
再開:5月11日〜
※入館時に検温。アルコール消毒液の設置。来館者カードへの記入。職員のマスクなどの着用。受付への飛沫防止シールドの設置。館内の定期的な消毒。館内休憩用のイスの削減。タッチパネルの撤去または使用中止。

一関市博物館
再開:5月12日〜
※マスク着用義務化。アルコール消毒液の設置。

宮城県美術館
再開:5月18日〜
※アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。ドアノブや手すり、トイレなど手が触れる箇所についての定期的な清掃。スタッフのマスク着用、手洗い、手指の消毒、健康維持管理。館内の換気。

東北歴史博物館
再開:5月19日〜
※マスク着用義務化。アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。受付への飛沫防止シールドの設置。一部施設の休止。

仙台市博物館
再開:5月19日〜
※アルコール消毒液の設置。手すりなど手が触れる箇所についての定期的な清掃。スタッフのマスク、手袋着用。一部設備の休止。

秋田県立博物館
再開:5月12日〜
※職員のマスク着用。混雑時の入場制限。

秋田県立近代美術館
再開:5月21日〜
※アルコール消毒液の設置。氏名・居住地・連絡先の記入。混雑時の入場制限。スタッフのマスク着用。

山形美術館
再開:5月11日〜
※マスクの着用、手指の消毒の義務化。連絡先の記入。スタッフのマスク着用。混雑時の入場制限。

鶴岡アートフォーラム
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。諸室利用の際の人数制限。

山形県立博物館
再開:5月15日〜
※マスク着用義務化。入館時の検温、手指の消毒。「来館者確認カード」の記入。滞在時間1時間以内を要請。混雑時の入場制限。一部施設の休止。館内の設備・器具の定期的な清掃・消毒。

酒田市美術館
再開:5月18日〜
※入館時に日時・代表者氏名・連絡先電話番号・住所(県名)・人数を記入。館内の個室トイレの使用数減。スタッフのマスク、手袋着用。レジに飛沫防止シールドを設置。混雑時の入場制限。

天童市美術館
再開:5月23日〜
※来館前の検温、マスク着用、手指の消毒の要請。来館者カードの記入。混雑時の入場制限。一部設備の休止。

福島県立美術館
再開:5月16日〜
※アルコール消毒液の設置。トイレのドアや手すりなど手が触れる箇所についての定期的な清掃。空調による換気。スタッフは毎日検温を実施、マスク着用。受付に飛沫防止シールドを設置。観覧券に入館日付を押印。

福島県立博物館
再開:5月16日〜
※アルコール消毒液の設置。手が触れる箇所についての定期的な清掃。飛沫防止シールドの設置。一部設備の休止。

郡山市立美術館
再開:5月16日〜
※アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用。受付等に飛沫防止シールドを設置。来館者エリアの清掃強化。混雑時の入場制限。一部設備の休止。

いわき市立美術館
再開:5月21日〜

諸橋近代美術館
再開:6月1日〜
※入館時の検温。チケットの販売や受付は美術館入口前の特設トレーラーで実施。整理券の配布、入場制限(予約不可)。アルコール消毒液の設置。館内の消毒。車椅子・ベビーカーの貸出制限。スタッフは毎日検温を実施、マスク・メガネを着用。

やないづ町立斎藤清美術館
再開:5月23日〜
※アルコール消毒液の設置。館内の消毒。連絡先の提供依頼。スタッフのマスク着用。飛沫防止のため受付にビニールカーテンを設置。混雑時の入場制限。

関東(東京以外)

茨城県近代美術館
再開:5月12日〜
※館内の消毒。滞在時間を2時間目安に要請。混雑時の入場制限

茨城県天心記念五浦美術館
再開:5月12日〜
※マスク着用、滞在時間60分を目安に要請。混雑時の入場制限。受付での個人情報の記入。

茨城県陶芸美術館
再開:5月12日〜
※混雑時の入場規制。滞在時間は1時間を目安。

茨城県立歴史館
再開:5月12日〜
※職員のマスク着用、手洗い・手指の消毒、出勤前の体温測定。アルコール消毒液の設置。案内カウンターに飛沫防止シールドを設置。館内の共有スペース等の定期的な消毒。展示室内の換気。

国立科学博物館附属筑波実験植物園
再開:5月18日〜
※入園前の検温。職員のマスク着用。アルコール消毒液の設置。案内カウンター等に飛沫防止シールドを設置。建物はドアを常時開放し換気。

笠間日動美術館
再開:5月23日〜

栃木県立美術館
再開:5月12日〜
※ 入館時にアンケートの記入、検温を実施。 混雑時の入場制限。

栃木県立博物館
再開:5月12日〜
※ 入館時に検温を実施。マスク着用の義務化。入館記録票に記入。受付での手指消毒。混雑時の入場制限。

宇都宮美術館
再開:5月12日〜
※展示室内の温・湿度調整、換気。混雑時の入場制限。アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用。受付に飛沫防止パーテーションを設置。

群馬県立館林美術館
再開:5月26日〜

アーツ前橋
再開:6月1日〜

ハラ ミュージアム アーク
再開:5月16日〜
※入館時に検温、連絡先等(代表者氏名、電話番号)の記入。マスク着用の義務化。混雑時の入場制限。各所アルコール消毒液の設置。展示室内の定期的な換気。狭い空間では展示品に影響のない場所に次亜塩素酸噴霧器の設置。ドアノブなど定期的な清掃・消毒。チケットブース、インフォメーションカウンターには透明の仕切り設置、マイクとスピーカーでの対応。カフェとショップのレジ前に飛沫防止カーテンの設置。

高崎市美術館
再開:5月16日〜
※入館時に検温、連絡先等(来館日時、氏名、住所、電話番号等)の記入。マスク着用の義務化。展示室内が10名以上にならないよう入室制限。スタッフのマスク着用。アルコール消毒液の設置。手すり、ドアノブ、エレベーターのボタンなどの定期的な消毒。定期的な館内の換気。休憩用の椅子などの間隔の確保。

原爆の図丸木美術館
再開:6月9日〜
※開館時間は、6月9日~14日は午前11時から午後3時まで、16日~30日は午前10時から午後4時まで(7月からは通常通り)。

千葉県立美術館
再開:5月26日〜
※入館確認票の記入。スタッフのマスク着用。アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。ビニールカーテンの設置。

市原市湖畔美術館
再開:5月28日〜
※スタッフのマスク着用。アルコール消毒液の設置。来館者(グループは代表者1名)の連絡先記入。混雑時の入場制限。

埼玉県立近代美術館
再開:6月2日〜
※予約制(予約がない場合は当日「入館者カード」に氏名・連絡先等を記入)。入館時の検温。混雑時の入場制限。スタッフのマスク着用。アルコール消毒液の設置。

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
再開:6月9日〜
※アルコール消毒液の設置。県外からの来館自粛要請。来館日時、当日体温の記録を要請。マスク着用の義務化。混雑時の入場制限。ビニールカーテンの設置。

ポーラ美術館
再開:6月1日〜
※入館者数800人/日。入館時の検温。スタッフのマスク着用。飛沫感染防止用のシールドの設置

東京

草間彌生美術館
再開:5月28日〜
※マスク着用、手指消毒の義務化。入館時の検温。本人確認。展示室内での会話制限要請。スタッフのマスク。飛沫防止の仕切りを設置。予約制、各入場時間の定員は50名。16:30閉館。

国立科学博物館
再開:6月1日〜
※20分ごとの入館で1回につき50人の予約制。入館前の検温。団体受付を休止。夜間開館(金曜日・土曜日17:00~20:00)は休止。各案内所に感染防止用バリアを設置。スタッフのマスク着用

上野の森美術館
再開:6月1日〜

21_21 DESIGN SIGHT
再開:6月1日〜
※ウェブサイトでの事前予約制。入館時の検温。本人や身近な人間が過去14日以内に「入管法に基づく入国制限対象地域」への訪問歴を有する場合は来場自粛を要請。アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。

東京都庭園美術館
再開:6月1日〜
※アルコール消毒液の設置。マスク着用の義務化。入館時の検温。建物内人数制限。団体での入館制限。本人や身近な人間が過去14日以内に「入管法に基づく入国制限対象地域」への訪問歴を有する場合は来場自粛を要請。スタッフのマスク着用。案内カウンターに飛沫防止用のビニールカーテン(又はシールド)などを設置。

岡本太郎記念館
再開:6月1日〜
※入館者の同時滞留人数を20名までに制限。入館時の検温。

東京国立博物館
再開:6月2日〜
※完全事前予約制。

東京都現代美術館、東京都写真美術館、江戸東京博物館
再開:6月2日〜
※アルコール消毒液の設置。マスク着用の義務化。入館時の検温。本人や身近な人間が過去14日以内に「入管法に基づく入国制限対象地域」への訪問歴を有する場合は来場自粛を要請。スタッフのマスク着用。混雑時の入場制限。

世田谷美術館
再開:6月2日〜
※アルコール消毒液の設置。マスク着用の義務化。スタッフのマスク着用。混雑時の入場制限。

渋谷区立松濤美術館
再開:6月2日〜
※アルコール消毒液の設置。マスク着用の義務化。氏名・連絡先の記入。館内の人数を50人に制限。スタッフのマスク着用。混雑時の入場制限。

練馬区美術館
再開:6月2日〜

川崎市岡本太郎美術館
再開:6月2日〜
※入館時の検温。マスク着用の義務化。スタッフのマスク着用。

国立新美術館
再開:6月29日〜

甲信越

清春芸術村
再開:5月7日~
※施設の消毒、換気。

中村キース・ヘリング美術館
再開:5月7日~
※マスク着用の義務化。入館時の検温。代表者は受付で「入館同意書」に住所等を記入、身分証明書を提示。 スタッフは出勤時の検温、こまめな手洗いと手袋の交換、マスクの着用を励行。ドアや手すりなどの定期的な消毒。館内の換気。アルコール消毒液の設置。

山梨県立博物館
再開:5月22日〜
※入館時の検温、体調の確認、手指消毒。

山梨県立美術館
再開:6月2日〜
※入館時の検温、体調の確認、手指消毒。コレクション展のみ再開。

松本市美術館
再開:5月26日〜
※企画展示室のみ。松本市内および松本広域連合構成市村(塩尻市、安曇野市、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村)の市民のみ。観覧は事前申込制。ヘルスチェックシートの記入。マスク着用。

新潟県立近代美術館
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。館内の換気、手が触れる箇所の清掃。スタッフは毎日検温を実施、マスク着用。受付カウンターに飛沫防止シールドを設置。混雑時の入場制限。

新潟県立万代島美術館
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。入館時の検温。展示室の換気。スタッフは毎日検温を実施、マスク着用。受付カウンターに飛沫防止シールドを設置。混雑時の入場制限。

新潟市美術館
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。手が触れる場所を消毒。館内空調による換気。受付に飛沫防止シールドを設置。混雑時の入場制限。イベントの開催にあたるイベント参加者の連絡先把握。全職員が毎日出勤時に検温、マスクを着用。

新潟県立歴史博物館
再開:5月19日〜
※マスク着用の義務化。一部設備の休止。

北陸

富山県美術館
再開:5月11日~
※屋上は当面のあいだ休園。アルコール消毒液の設置。換気と清掃の強化。スタッフのマスク着用。

富山県水墨美術館
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。 受付・売店窓口に飛沫防止シールドを設置。スタッフのマスク・手袋着用。手が触れる箇所の消毒。

黒部市美術館
再開:5月16日〜
※手指消毒の励行。混雑時の入場制限。

高岡市美術館
再開:5月19日〜
※手が触れる箇所の定期的な消毒。アルコール消毒液の設置。定期的な換気。  人と人が対面する場所は、アクリル板・透明ビニールカーテンなどで遮蔽。混雑時の入場制限。職員の衛生管理の徹底。

高岡市立博物館
再開:5月19日〜
※対策は上の高岡市美術館に同じ

石川県立美術館
再開:5月18日〜
※受付カウンターに飛沫感染防止用のシールドを設置。アルコール消毒液の設置。手が触れる箇所の定期的な清掃。スタッフのマスク着用、手指消毒の徹底。館内の十分な換気。

石川県歴史博物館
再開:5月18日〜
※マスク着用の義務化。入館時の検温、手指消毒。混雑時の入場制限。アルコール消毒液の設置。案内窓口に飛沫防止用のパネルを設置手が触れる箇所の定期的な清掃。スタッフのマスク着用、手指消毒の徹底。館内の十分な換気。

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館
再開:6月2日〜

福井市美術館
再開:5月12日〜

福井県立美術館
再開:5月18日〜
※手指消毒の励行。名前・連絡先を記入。マスク着用の義務化。混雑時の入場制限。

東海

豊田市美術館
再開:5月19日〜
※スタッフのマスク着用。県外からの来館自粛要請。

名古屋市博物館
再開:6月2日〜
※アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用。飛沫防止パーテーション設置。混雑時の入場制限。

徳川美術館
再開:6月2日〜

ヤマザキマザック美術館
再開:6月2日〜
※除菌液の設置。スタッフのマスク着用。マスクの着用要請。入館時の検温。連絡先の提供。県外からの来館自粛要請。飛沫防止カバーの設置。

岐阜県博物館
再開:5月19日〜
※入館前の検温。電話による事前予約と入場制限の実施。入館時、名前、電話番号、体調等について用紙に記入。マスク着用の義務化。一部施設の休止。

岐阜県美術館
再開:5月19日〜
※電話での事前予約優先。入館後、入館日時・代表者の緊急連絡先・同伴者数・注意事項への同意について記入。マスク着用の義務化。混雑時の入場制限。一部施設の休止。職員のマスク着用。

岐阜県現代陶芸美術館
再開:5月19日〜
※要事前予約。マスク着用の義務化。入館時の検温。混雑時の入場制限。アルコール消毒液の設置。職員は毎日検温を実施し、マスクを着用。受付に飛沫防止のためのシールド設置。館内の定期的な消毒・換気。

静岡県立美術館
再開:5月12日〜
※県外からの来館自粛要請。スタッフのマスク着用。受付への飛沫防止シールド設置。アルコール消毒液の設置。来館者エリアの清掃強化。

浜松市博物館
再開:5月19日〜
※アルコール消毒液の設置。一部施設の休止。

池田20世紀美術館
再開:5月18日〜
※アルコール消毒液の設置。

ベルナール・ビュフェ美術館、ヴァンジ彫刻庭園美術館
再開:5月21日〜
※アルコール消毒液の設置。館内の定期的な消毒。レジ前に飛沫防止シールドを設置。混雑時の入場制限。スタッフのマスク着用。

MOA美術館
再開:5月22日〜

近畿

三重県立美術館
再開:5月12日〜
※マスク着用の義務化。アルコール消毒液の設置。一部設備の休止。手が触れる箇所の定期的な清掃。混雑時の入場制限。スタッフのマスク着用。

三重県総合博物館
再開:5月12日〜
※一部設備の休止。マスク着用の義務化。アルコール消毒液の設置。入館時に連絡先の記入。

佐川美術館
再開:5月19日〜
※アルコール消毒液の設置。マスクの持参・着用要請。10名以上のグループまたは団体は入館不可。混雑時の入場制限。館内は一部を除き基本的に一方通行。エレベーターの使用を中止。喫茶コーナーは営業休止。

京都国立博物館
再開:6月2日〜※アルコール消毒液の設置。マスク着用の義務化。入館時の検温。氏名・連絡先・来館日時の記入。スタッフのマスク着用。対面箇所でのアクリルボード等の設置。混雑時の入場制限

京都文化博物館
再開:5月19日〜

京都国立近代美術館
再開:5月26日〜
※アルコール消毒の設置。スタッフのマスク着用。来館者に日時の記録要請。入館時の検温。混雑時の入場制限。感染者発生時にウェブサイトで発表。

細見美術館
再開:5月26日〜
※アルコール消毒の設置。スタッフのマスク着用。飛沫防止シートの設置。茶室 古香庵は休止。京都府外からの来館自粛要請。団体での来館予約は不可。マスク着用の義務化。来館の際に、氏名・電話番号・居住市域等情報の提出。

福田美術館
再開:5月23日〜
※マスク着用の義務化。入館時の検温、居住地・代表者氏名・電話番号の記入。チケット購入はオンラインを推奨。

嵯峨嵐山文華館
再開:5月23日〜
※マスク着用の義務化。入館時の検温、居住地・代表者氏名・電話番号の記入。

京都府立堂本印象美術館
再開:6月2日〜
※アルコール消毒の設置。入館時の検温。連絡先の記入。スタッフのマスク着用。

河井寬次郎記念館
再開:6月2日〜

泉屋博古館
再開:6月2日〜
※アルコール消毒の設置。入館時の検温。マスク着用の義務化。連絡先の提供。混雑時の入場制限。飛沫防止シートの設置や待ち列の間隔設定。スタッフのマスク着用。

堺市博物館
再開:5月16日〜
※マスク着用の義務化。一部設備の休止。

堺 アルフォンス・ミュシャ館
再開:5月16日〜
※マスク着用の義務化。アルコール消毒液の設置。

大阪市立美術館
再開:5月26日〜
※アルコール消毒液の設置。入館時にチェックシート記入。府外からの来館は自粛要請。混雑時の入場制限。職員のマスク着用、出勤前の体温測定。換気強化。

大阪歴史博物館
再開:6月1日〜
※常設展示のみ公開。入館時「ヘルスチェックシート」に記入。マスク着用の義務化。滞在時間は1時間30分以内を要請。アルコール消毒液の設置。チケット売場に飛沫防止シールドを設置。スタッフは毎日検温を行い、マスクやフェイスガード着用。

国立国際美術館
再開:6月2日〜
※アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用。会場内の換気。スタッフの検温。場合によっては入館時の体温測定。混雑時の入場制限。

神戸市立博物館
再開:5月19日〜
※一部設備の休止。入館時に手指のアルコール消毒。混雑時の入場制限。

神戸市立小磯記念美術館
再開:5月19日〜
※アルコール消毒液の設置。カウンター等のこまめな除菌。職員のマスク着用。一部設備の休止。

西宮市大谷記念美術館
再開:6月1日〜
※「メスキータ展」は時間指定・予約制

奈良県立美術館
再開:5月19日〜
※アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。手すりやコインロッカー等の消毒。 職員はマスク着用、検温等により体調管理。

奈良県立万葉文化館
再開:5月19日〜
※マスク着用の義務化。混雑時の入場制限。一部設備の休止。

奈良国立博物館
再開:6月2日〜

和歌山県立近代美術館
再開:5月8日~
※アルコール消毒液の設置。受付での検温。職員の手袋着用。受付に飛沫防止シールド設置。来館者エリアの清掃強化。

和歌山県立博物館
再開:5月8日~
※スタッフのマスク・手袋着用。アルコール消毒液の設置。受付での検温。来館者エリアの清掃強化。混雑時の入場制限。

和歌山市立博物館
再開:5月7日~
※県外からの来館は自粛要請。

中国

鳥取県立博物館、岡山県立美術館
再開:5月7日~※アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。

夢二郷土美術館
再開:5月7日~
※外気を取り入れた空調、もしくは換気。随時ドアノブ等を除菌。アルコール消毒液の設置。職員の検温実施。職員のマスク着用。受付、レジには飛沫防止パテーションを設置。混雑時の入場制限。

岡山市立オリエント美術館
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。

奈義町現代美術館
再開:5月12日〜
※マスク着用の義務化。混雑時の入場制限。

林原美術館
再開:5月16日〜
※マスク着用、アルコール消毒の励行。

倉敷市立美術館
再開:5月21日〜
※コレクション展のみ再開

広島県立美術館
再開:5月12日~
※県外からの来館自粛要請。入館時の検温。マスク着用義務化。「健康確認項目」記入。混雑時の入場制限。2メートルのマーキング。

ふくやま美術館
再開:5月12日~
※アルコール消毒液の設置

ひろしま美術館
再開:5月18日〜
※混雑時の入場制限

広島市現代美術館
再開:5月19日〜
※特別展・コレクション展・彫刻の広場(野外彫刻)のみ再開。アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用。入館時の検温。混雑時の入場規制限。館内の清掃強化。全職員・スタッフの出勤時検温。グループで来館の場合は少人数に分かれての時間差入場を要請。

尾道市立美術館
再開:5月12日~
※アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。

広島平和記念資料館
再開:6月2日〜
※整理券の配付による展示室への入場者数制限。入館時の検温。スタッフのマスク着用。東館3階の触れる展示物を休止。ミュージアムショップを閉鎖。

四国

香川県立ミュージアム
再開:5月9日~

香川県立東山魁夷せとうち美術館
再開:5月9日~
※県外からの来館自粛要請。アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。

高松市美術館
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用。

愛媛県美術館
再開:5月12日〜
※アルコール消毒液の設置。受付にビニールカーテンを設置。消毒作業の実施。一部設備の休止。マスク着用の義務化。

徳島県立近代美術館
再開:5月9日~
※県民のみ利用可能。

高知県立美術館
再開:5月11日~
※アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。

九州

福岡県立美術館
再開:5月19日〜
※入館前の検温、氏名・連絡先の記入。アルコール消毒液の設置。飛沫防止シールドの設置。スタッフのマスク着用。施設内の清掃、消毒を強化。

福岡市美術館
再開:5月19日〜
※マスク着用の義務化。入館前の検温。アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。清掃強化。スタッフのマスク着用。

福岡市博物館
再開:5月19日〜
※一部設備の休止。

北九州市立美術館
再開:5月19日〜
※本館のみ再開。

久留米市美術館
再開:5月19日〜
※マスク着用、手指消毒の義務化。

佐賀県立博物館・美術館
再開:5月12日~
※アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用。

熊本県立美術館
再開:5月7日~
※入館時に「ヘルスチェックシート」へ記入。アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用と検温。館内の清掃強化。混雑時の入場制限。

熊本市現代美術館
再開:5月21日〜
※混雑時の入場制限。入館時の検温。入館時に代表者がチェックシート(名前・連絡先)を記入。受付・チケット販売所等にスクリーンを設置。スタッフのマスク着用。

大分県立美術館
再開:5月11日~
※入館時の検温。日時・代表者氏名・連絡先・住所・人数などを記入。館内の消毒・清掃強化。職員のマスク着用。対面箇所に飛沫ガードを設置。

大分県立歴史博物館
再開:5月11日~
※アルコール消毒液を設置。記名用紙に連絡先を記入。展示室入場者を最大200人に制限。スタッフのマスク着用。平常展示のポイント解説は先着10名。

大分市美術館
再開:5月16日~
※入館時に日時・代表者氏名・連絡先電話番号・住所・人数を記入。飛沫感染防止ガードを設置。アルコール消毒液の設置。スタッフのマスク着用。館内の清掃強化。

宮崎県総合博物館
再開:5月11日~
※アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。

宮崎県立美術館
再開:5月12日~
※アルコール消毒液の設置。

鹿児島市立美術館
再開:5月7日~
※アルコール消毒液の設置。

鹿児島県立博物館
再開:5月7日~
※アルコール消毒液の設置。

霧島アートの森
再開:5月8日~
※アルコール消毒液の設置。混雑時の入場制限。

沖縄

沖縄県立博物館・美術館
再開:5月21日~
※一部設備の休止。マスク着用の義務化。入館時の検温。アルコール消毒液の設置。手が触れる箇所の清掃強化。スタッフのマスク着用、毎日出勤前に検温を実施。対面となる箇所に飛沫感染防止シートを設置。