AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

常設展「岡本太郎とスポーツ」

メインビジュアル

 川崎市岡本太郎美術館で、常設展 「岡本太郎とスポーツ」が開催されている。

 同館で保管されている岡本太郎の写真には、岡本が野球やゴルフなどのスポーツに興じている姿が見られる。46歳で始めたスキーについては、瞬間瞬間に命を懸けて斜面に身を投げ出す緊張感の虜になり、毎シーズン、制作や執筆などの忙しい日々を縫って雪山に通っていたという。雪山を前にひとりで 「危険に向かい勇気をもって己れをひらく」姿勢は、芸術や生き方に対する岡本の指針と共通するものがある。

 本展では、「岡本太郎とスポーツ」をテーマに、岡本が競技場等のために手がけた作品や、岡本にとっての 「スポーツ」にまつわる作品を紹介する。