ARTISTS

岡本太郎

Taro Okamoto

1911年神奈川県生まれ。父はマンガ家の岡本一平、母は歌人で小説家の岡本かの子。東京美術学校(現・東京藝術大学)退学後、両親とともに渡仏。両親の帰国後もパリに残り、31年パリ大学に進学。哲学や心理学、民俗学などを学びながら、パリの美術動向を知る。なかでもピカソの作品に強く惹かれる。力強い輪郭線と原色を多用した作品を発表し、画集『OKAMOTO』(G.L.M.、1937)の出版ほか、パリの芸術運動に参加するなど活発に活動する。しかし第二次世界大戦の影響を受けて40年に帰国。中国への出征を経て、47年に二科会の会員となり画家としての活動を本格的に再開、主題から技法に至るあらゆるものを対極的にとらえる「対極主義」を提唱する。翌年、花田清輝と出会い前衛芸術運動「夜の会」を結成。多くの作品を制作しながら、54年に著作『今日の芸術』(光文社)を出版するなど文筆家としても活動し、強い影響を受けた縄文土器や沖縄文化などについて執筆した。国内外で活動するなか、70年に大阪で開催された万博のテーマ・プロデューサーとなり《太陽の塔》を発表。89年、フランス政府より芸術文化勲章受章。96年没。