×
NEWS / EXHIBITION - 2017.11.14

公害の惨状をいまに伝える。
丸木位里・俊夫妻による《足尾鉱毒の図》全6図が一挙公開

《原爆の図》で知られる丸木位里・俊夫妻による大作《足尾鉱毒の図》全6図が太田市民会館で一挙公開される。会期は11月25日〜30日。

丸木位里・俊 足尾鉱毒の図 第1部 足尾銅山 1987

 原爆による惨状を描いた全15部からなる《原爆の図》で知られる丸木位里(1901〜95)と俊(1912〜2000)の夫妻。この2人が、1987年から92年にかけて描いた全6部の大作《足尾鉱毒の図》が、今年4月に新設された太田市民会館で一挙公開されることになった。

 《足尾鉱毒の図》は、栃木県の足尾銅山で起こった公害事件「足尾鉱毒問題」をテーマにした作品。足尾鉱毒問題に向き合い、その解決に尽力した政治家・田中正造の活動に共感した篤志家・山中鹿之助が、丸木位里・俊夫妻を招聘し、制作を依頼したもの。

丸木位里・俊 足尾鉱毒の図 第4部 直訴と女押し出し 1988
丸木位里・俊 足尾鉱毒の図 第6部 谷中村野焼き 1989

 第1部「足尾銅山」から第6部「谷中村野焼き」までの6部構成で、それぞれ1.8×7.2メートルの四曲一双屏風に、公害が巻き起こした洪水や操業停止を訴える「押し出し」(請願)の様子などが描かれている。

 同作は現在、群馬県太田市が所蔵しており、全点展示は2013年の田中正造没後100年記念で展示して以来4年ぶり。会場では、鉱毒問題に取り組んでいる「渡良瀬川鉱毒根絶太田期成同盟会」の活動内容についても同時に紹介されるという。

会場の太田市民会館

information

「足尾鉱毒の図」特別展示

会期:2017年11月25日〜30日
会場:太田市民会館 スタジオ
住所:群馬県太田市飯塚町200-1
開館時間:9:00〜17:00
休館日:月
料金:無料
問合せ:0276-47-1893(太田市産業環境部環境政策課環境対策係)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします