×
NEWS / EXHIBITION - 2017.11.8

すべて日本初公開!
「だまし絵」の巨匠・エッシャーの大規模展覧会が開催決定

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られるマウリッツ・コルネリス・エッシャーの回顧展が、2018年6月から上野の森美術館で開催。世界最大級のイスラエル博物館のコレクションが来日し、代表作を含む約150点が日本で初めて公開される。

滝 Waterfall 1961  All M.C. Escher works © the M.C. Escher Company B.V. - Baarn -the Netherlands. Used by permission. All rights reserved. www.mcescher.com

 「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」の分野で、唯一無二の独創的な作品を数多く生み出したマウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898〜1972)。コンピューターの存在しない時代に制作された緻密で数学的な作品は、当時社会的なブームとなり、クリエイターだけでなく、数学者など幅広い専門家たちへもインスピレーションを与えてきた。

出会い Encounter 1944

 2018年、エッシャーが生誕120年を迎えるのを記念し、東京で12年ぶりとなる大規模な回顧展が開催されることとなった。本展では、世界最大級のエッシャー・コレクションを誇るイスラエル博物館が所蔵する作品が初来日。実際にありそうで現実にはあり得ない風景を描いた《相対性》(1953)、《滝》(1961)などの代表作に加え、初期の作品や直筆のドローイングなど、合わせて約150点が展示される。

椅子に座っている自画像 Self-Portrait in a Chair 1920
発展 Development 1939

 見どころのひとつとなるのが、幅4メートルにも及ぶ大作《メタモルフォーゼII》(1939-40)だ。抽象的な形がだんだんと具体的な姿に変容していく横長の構図を特徴とする本作は、後のエッシャーの代表的な構図の原点とも言える。本展では、貴重な初版が公開される。

 また、映像技術を駆使した参加型コンテンツも展開。現代から見たエッシャーの不思議な世界を体験することができる。

メタモルフォーゼII Metamorphosisll 1939-40(部分)

information

生誕120年 イスラエル博物館所蔵
ミラクル エッシャー展

会期:2018年6月6日〜7月29日
会場:上野の森美術館
住所:東京都台東区上野公園1-2
電話番号:03-3833-4191

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします