×
NEWS / HEADLINE - 2017.10.27

ムンク美術館所蔵の《叫び》が初来日。18年秋、東京都美術館でムンクの大回顧展を開催へ

ノルウェーを代表する画家、エドヴァルド・ムンク。その代表作を一堂に公開する回顧展が18年秋、東京都美術館で開催されることが決定した。ムンク美術館所蔵の《叫び》も初来日を果たす。

エドワルト・ムンク 叫び 1910? ©Munchmuseet

 エドヴァルド・ムンク(1863〜1944)は、ノルウェーを代表する画家として知られ、これまで日本では京都国立近代美術館(1970)、世田谷美術館(1997)、国立西洋美術館(2007〜08)など、数回にわたりその回顧展が開催されてきた。

 2018年10月27日から始まる「ムンク展―共鳴する魂の叫び」は、オスロのムンク美術館が所蔵するムンク作品の油彩《自画像》(1882)、《絶望》(1893-94)、《星月夜》(1922-24)などを含む、約100点(油彩は60点以上)を一堂に紹介するもの。

エドヴァルド・ムンク 自画像 1882 ©Munchmuseet
エドヴァルド・ムンク 絶望 1893-94 ©Munchmuseet
エドヴァルド・ムンク 星月夜 1922-24 ©Munchmuseet

 ハイライトは、ムンクを代表する作品《叫び》だ。同作は、同じタイトルで複数の作品があることが知られているが、ムンク美術館所蔵の《叫び》は今回が初来日となる。

information

ムンク展―共鳴する魂の叫び

会期:2018年10月27日〜2019年1月20日
会場:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36
開室時間:9:30~17:30 ※入室は閉室の30分前まで
休館日:月、12月25日、1月1日、15日 ※ただし11月26日、12月10日、24日、1月14日は開室

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします