×
NEWS / EXHIBITION - 2017.5.20

自然と建物の共存を描いたモノトーンの世界。
須藤由希子「一戸建て展」が開催

Take Ninagawaで、須藤由希子の個展「一戸建て展」が開催される。会期は2017年5月20日〜7月1日。

須藤由希子 花水木咲く家 2017 パネルに紙、鉛筆、水彩 191×167.5cm ©︎ Yukiko Suto Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo

 1978年に神奈川県に生まれ、多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻を卒業している須藤由希子。Take Ninagawaでの個展は、本展で3度目となる。

 須藤の作品は、街を散歩することから始まり、念入りにリサーチをすることによって生み出される。

 住宅の周りで個によって育まれた鉢植えや木々と、住宅地の都市計画にしたがって合理的に管理された建物という対立しながらも共存する2つの要素を、主に鉛筆で描いたモノトーンの風景の中には、その場所で生活している人々の営みや時間の複雑な絡み合いが写し出されている。

 本展で展示される10点は、すべて新作となっている。須藤独自の視点でとらえられた世界を見に、足を運んでみてはいかがだろう?

information

須藤由希子:一戸建て展

会期:2017年5月20日〜7月1日
会場:Take Ninagawa
住所:東京都港区東麻布 2-12-4 信栄ビル1F
電話番号:03-5571-5844
開館時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝

event

オープニングレセプション

日時:2017年5月20日 18:00〜20:00

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします