×
NEWS / HEADLINE - 2017.3.13

グランプリは賞金300万円! 「FACE2018」が応募要項を発表。新進作家による平面作品を公募

第6回目を迎える公募コンクール「FACE2018(損保ジャパン日本興亜美術賞)」の募集要項が発表された。応募は、未発表の平面作品を対象に、グランプリには賞金300万円が贈られる。

「FACE2017」グランプリ受賞作 青木恵美子 INFINITY Red 2016

 今年で5回目の開催となる「FACE 損保ジャパン日本興亜美術賞」は、平面作品を対象に「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募し、国際的に通用する可能性を秘めた作家を発掘するコンクール。

 その第6回目となる「FACE2018(損保ジャパン日本興亜美術賞)」の募集要項が発表され、未発表の平面作品1点を対象に、2017年9月18〜10月22日に募集が行われる。

 審査員を務めるのは、本江邦夫(多摩美術大学教授)、坂元暁美(上野の森美術館学芸員)、野口玲一(三菱一号館美術館学芸グループ長)、藪前知子(東京都現代美術館学芸員)、中島隆太(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館館長)の5名。審査結果は11月24日に発表され、入選・受賞作品は、2018年2月24日〜3月30日に東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で展示される。

 なお、同館では「FACE展2017」が3月30日まで開催されており、グランプリを受賞した青木恵美子(1976年生まれ)の《INFINITY Red》(2016年)をはじめ、油彩、アクリル、水彩、岩絵具、版画、ミクストメディアなど、多岐にわたる入選・受賞作品71点を展示。

information

会期:2017年2月25日~3月30日
場所:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
観覧料:一般 600円 / 大学生 400円 / 高校生以下 無料
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月(ただし3月20日、21日は開館)
 
 
FACE2018 損保ジャパン日本興亜美術賞

応募期間:2017年9月18日〜10月22日
展覧会会期:2018年2月24日〜3月30日
※出品規定、応募方法はウェブサイトを参照

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします