SERIES

ARTIST IN FOCUS

雑誌『美術手帖』の「ARTIST IN FOCUS」では、新進気鋭のアーティストを取り上げ、その創作の源泉や人物像を探っていきます。

SERIES / ARTIST IN FOCUS

PREMIUM
第4回

[ARTIST IN FOCUS]田口和奈:現れる「予兆」と見る者の感度との戯れ

銀座メゾンエルメス「フォーラム」は強い日の光が差し込み、写真の展示がむずかしいと言われてきた。そうした環境下で田口和奈は、どんな展示をおこなったのか。その作家像について、同じく作家であり、長年、田口の作品を見続けてきた岩永忠すけ、松原壮志朗と、進行に同展キュレーターの説田礼子も加わり、対話してもらった。

2022.10.30
PREMIUM
第2回

[ARTIST IN FOCUS]小寺創太:排除アートの暴力と親和する観客の倒錯を問う、放置プレイと二枚舌の倫理。

展示の主体である作家の身体を、自ら対象化することで、展覧会や演劇における形式を攪拌させるパフォーマンスを生み出す小寺創太。Token Art Centerでの個展「調教都市」に際して、彼が考える作品、作家、鑑賞者の関係、そこに潜む倒錯や倫理について話を聞いた。

2022.7.18