AdvertisementAdvertisement

[ARTIST IN FOCUS]鈴木ヒラク:ドローイングが拓く未知の領野との対話

ドローイングと言語との関係を主題に、平面・彫刻・映像・パフォーマンスなどを手がけ、ドローイングの概念を拡張する制作活動を展開している鈴木ヒラク。自身のドローイング論集刊行と合わせて群馬県立近代美術館で個展を開催中の作家に、近況とともに制作をめぐる思考の一端を聞いた。

取材・文=岡村恵子(東京都現代美術館学芸員)

2023年10月フランス南部のケリュにて Photo by Victoria Palmer