AdvertisementAdvertisement

[ARTIST IN FOCUS]小田原のどか:実践と理論のあいだで「彫刻」の可能性を拡張する

彫刻家として活動しながら、彫刻研究者、評論家、出版社代表と多彩な顔を持つ小田原のどか。2023年秋、つなぎ美術館(熊本)での個展で住民参画型の「彫刻選挙」を企画した作家に、これまでの活動に通底する「彫刻」というテーマや、現在の関心と意識について話を聞いた。

取材・文=山本浩貴(文化研究者)

つなぎ美術館での個展より。屋外のポスター掲示版の前にて 撮影=長野聡史