SERIES

TikTokで広がるアートの世界

全世界で20億ダウンロード超を誇るショートムービープラットフォーム「TikTok」。多彩なクリエイターたちが参加するこのプラットフォームでいま、アートが盛り上がりを見せている。世界の有名美術館もアカウントを開設、発信するなど、TikTokはいまやアート界にとっても欠かせない舞台だ。このシリーズでは、そうしたTikTokに広がるアートの世界を様々な角度から紹介していく(PR)。

SERIES / TikTokで広がるアートの世界

第3回

日本画の魅力をTikTokで発信する〜寺田倉庫の試み〜

近年、美術館だけでなく、アートを扱うショップやギャラリーなどもTikTokを活用し、新しいファン層に発信を始めている。そのひとつが、芸術文化発信事業に力を入れている寺田倉庫。去る4月11日には寺田倉庫株式会社が運営するPIGMENT TOKYOからTikTok LIVEを実施、多くのコメントを得るなど好評を博した(PR)。

第2回

インタビュー:TikTokはなぜいま「アート」に力を入れるのか?

サービス開始からわずか3年半にもかかわらず、全世界で幅広い世代で圧倒的な人気となっているショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」。現在、アートコンテンツの充実を積極的に図っている。TikTokはなぜアートに力を入れているのか? TikTok Japan マーケティングチームの白地祐輝に詳細を聞いた(PR)。

第1回

TikTokで広がるアートの世界:アートフェア東京2021を和田彩花と岡部麟がレポート

全世界で幅広い世代に親しまれているショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、独自の取り組みとして、2020年秋よりプロジェクト「TikTok GoToアート」をスタート。国内外の美術館の展示作品を楽しめるコンテンツやライブ配信を用意し、ユーザーに好評を博している。TikTokはアートに対してどのように取り組んでいるのか? 美術手帖では、シリーズでその取り組みを紹介していく。今回は、去る3月19日・20日に行ったアートフェア東京2021のライブ配信の模様をレポートする(PR)。