2021.11.22

「東急歌舞伎町タワー」が23年春に開業へ。外装デザインは永山祐子

東急株式会社と株式会社東急レクリエーションは、新宿TOKYU MILANO跡地を中心とした敷地にて2023年春に「東急歌舞伎町タワー」を開業させる。

「東急歌舞伎町タワー」外観イメージ 出典=プレスリリースより

 東急株式会社と株式会社東急レクリエーションは、新宿TOKYU MILANO跡地を中心とした敷地にて2023年春に「東急歌舞伎町タワー」を開業させる。高さ約225メートルの高層建築だ。

 東急歌舞伎町タワーは「“好きを極める場”の創出」をコンセプトに掲げた施設。名称には、「東急グループが歌舞伎町の街とともに、エンターテインメントを通して新たな観光拠点を創り上げていきたいという意志」が込められているという。

 建築は地上48階、地下5階、塔屋1階からなり、外装デザインは豊島横尾館や2020年ドバイ国際博覧会 日本館などを手がけてきた永山祐子建築設計が担当。噴水の要素がモチーフとして取り入れられている。

 地下1階〜4階はライブホールとなり、新宿エリア最大級のキャパシティをもつ1500名が収容可能となる。また6~8階には客席数約900席の劇場が、9〜10階には8スクリーンの映画館が入るという。そのほか上階の17~47階には ライフスタイルホテルとラグジュアリーホテルが誕生する。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。