2020.7.28

今年のTOKYO ART BOOK FAIRはバーチャルで。「VIRTUAL ART BOOK FAIR」が開催決定

新型コロナウイルスの影響により、今年秋に予定されていたTOKYO ART BOOK FAIRの開催中止が決定。これを受けて、オンラインで開催されるアートブックフェア「VIRTUAL ART BOOK FAIR」が開催されることとなった。期間は11月16日~23日。

「VIRTUAL ART BOOK FAIR」ウェブサイトより
前へ
次へ

 今年秋に11回目の開催を予定していたTOKYO ART BOOK FAIRが、新型コロナウイルスの影響により中止となった。これを受けて、オンラインで開催されるアートブックフェア「VIRTUAL ART BOOK FAIR」の開催が決定。期間は11月16日~23日。 

 TOKYO ART BOOK FAIRは、アート出版に特化した日本初のブックフェアとして、2009年より年に1度開催されてきた。アートブック、カタログ、アーティストブック、ZINEなどを出版するアーティストや出版社が一同に集結し、アジアでも最大規模のアートブックフェアとして、前回は2万人以上が来場した。

2019年の「TOKYO ART BOOK FAIR」展示風景より
2019年の「TOKYO ART BOOK FAIR」展示風景より

 今年のフェア開催中止を決定した東京アートブックフェア運営事務局だが、これまでの経験とネットワークを生かしながら、オンラインという新たな領域でアートブックとの出会いや人との交流が生まれる場を創出するために、「VIRTUAL ART BOOK FAIR」の開催を決定した。

 初の試みとなるバーチャルでのアートブックフェア。フェアがこれまで育んできたDIY精神とユーモアを忘れずに新たな可能性を探りながら、アートブックの魅力を多角的に楽しめる仕掛けを準備するという。

 フェアの全貌は、ウェブサイトにて今後も経過を公開しながら明らかにしていく予定となっている。