AdvertisementAdvertisement
2020.7.11

鮨と現代美術が同時に楽しめる。「3110NZ by LDH Kitchen」が中目黒にオープン

LDHグループの飲食カンパニーであるLDH Kitchenは、現代美術ギャラリーのNANZUKAとともに、ギャラリー併設鮨レストラン「3110NZ by LDH Kitchen」を中目黒にオープンする。

3110NZ by LDH Kitchen Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA
前へ
次へ

 鮨と現代美術を同時に楽しむ──そんなスペースが7月21日、東京・中目黒に誕生する。

 「3110NZ by LDH Kitchen」は、鮨の名店として知られる「鮨さいとう」と、現代美術ギャラリー「NANZUKA」とのコラボレーションによるギャラリー併設鮨レストラン。運営はLDHグループの飲食カンパニーであるLDH Kitchen。

3110NZ by LDH Kitchen Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA

 同店は、日中はNANZUKAによるギャラリーとして機能し、夜には齋藤孝司プロデュースによる鮨さいとうの隠れ窟となる、転換型の新業態。店主は、齋藤孝司の愛弟子として「香港鮨さいとう」を立ち上げ、ミシュラン2つ星を獲得して凱旋帰国した小林郁哉が務める。

小林郁哉 Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA
3110NZ by LDH Kitchen Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA

 いっぽうNANZUKAは、渋谷にあるメインギャラリーと同じく、世界中の気鋭のアーティストと組み、このスペース独自の企画展を、4〜6週間のペースで入れ替えながら開催。オープニング企画展は、日本が世界に誇るポップ・アートの巨匠、田名網敬一による新作個展「記憶の修築」を開催する。 

3110NZ by LDH Kitchen Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA
3110NZ by LDH Kitchen Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKAd
3110NZ by LDH Kitchen Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA

 なお、店舗の内外装のデザインは、ニューヨークを拠点とするダニエル・アーシャムとアレックス・マストネンによる建築デザインユニット「Snarkitecture」が担当。店舗ロゴは、田名網同様、世界的に人気が高いアーティスト・空山基が手がけている。

3110NZ by LDH Kitchen Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA
空山基によるロゴ

 NANZUKAは昨年、小木“POGGY”基史とMEDICOM TOYとともにギャラリーとセレクトショップ併設のスタジオ「2G」を渋谷パルコ内にオープンさせるなど、これまでのギャラリーにはない動きを見せている。今回の「3110NZ by LDH Kitchen」も既存の枠に当てはまらないまったく新しい業態であり、大きな注目を集めるだろう。