NEWS / HEADLINE - 2019.6.27

出光美術館が若冲《鳥獣花木図屏風》など190点をプライスコレクションから購入。2020年に展覧会開催へ

東京・丸の内の出光美術館が、アメリカの日本美術コレクターとして知られるエツコ&ジョー・プライス夫妻(プライス財団)によるコレクションから、その一部である190点を購入。2020年9月より、特別展「凱旋帰国!江戸絵画の華」(仮)として、伊藤若冲《鳥獣花木図屏風》など約80点を公開する。

伊藤若冲 鳥獣花木図屏風(右隻) 六曲一双 紙本着色 江戸時代 18世紀

 東京・丸の内の出光美術館が、アメリカのビッグコレクターとして知られるエツコ&ジョー・プライス夫妻(プライス財団)のコレクションから、190点におよぶ日本美術を購入した。

 購入したのは、伊藤若冲の代表作のひとつであり、「升目描き」の技法によって描かれた《鳥獣花木図屏風》(18世紀)をはじめ、円山応挙《虎図》(1785)、酒井抱一《三十六歌仙図屏風》(19世紀)など、いずれも日本美術を代表する名品の数々。

伊藤若冲 竹梅双鶴図 一幅 絹本着色 江戸時代 18世紀

 プライス夫妻は、そのコレクションを広く紹介するため、1988年にはロサンゼルス・カウンティ美術館に日本館を新設。また日本においてもたびたびコレクションを展覧会として出品しており、近年では高齢を理由にコレクションを日本に戻すことを希望していた。そして今回、クリスティーズを通じて出光美術館が作品を購入(購入額は非公開)。里帰りを果たす。

 出光美術館では、この190点のなかから約80点を紹介する特別展「凱旋帰国!江戸絵画の華」(仮)を、2020年9月より開催。上述の若冲《鳥獣花木図屏風》を筆頭に、応挙の屏風絵、肉筆浮世絵、酒井抱一、鈴木其一ら江戸琳派の優品を2期に分けて展覧する。

円山応挙 虎図 一幅 絹本着色 天明5(1785)
酒井抱一 三十六歌仙図屏風(左隻部分) 六曲一双 紙本金地着色 / (色紙)絹本着色 江戸時代 19世紀