NEWS / HEADLINE - 2018.12.9

書店「文喫」が新たに誕生。場所は六本木の青山ブックセンター跡地

12月11日、六本木の青山ブックセンター跡地に書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンする。「本との新たな出会い」をテーマにした同店では、約3万冊の書籍を販売するほか、ひとりで本と向き合うための閲覧室、複数人で利用可能な研究室、喫茶室も併設される。

「文喫」公式ウェブサイトより、オープン前の店内の様子

 今年6月、惜しまれつつ閉店を迎えた青山ブックセンター六本木店。この跡地に12月11日、書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンする。

 「文化を喫する」の意味を持つ「文喫」では、人文科学、自然科学からデザイン、アートまで約3万冊の書籍を販売。来店者は、コンシェルジュであるスタッフに本の相談ができるほか、テーマ、ジャンル、本の好みなどを事前に連絡することで、スタッフが希望に沿った選書を行うサービスも予定しているという。

選書室のイメージ

 また、ひとりで本と向き合うための閲覧室や、複数人で利用可能な研究室、打ち合わせや食事を楽しむ小喫茶室なども併設する、従来の書店のイメージとは異なるユニークなスタイルになっている。

 1階エントランスでは、本にまつわる企画展を定期的に実施。12月11日から2019年1月31日までは、第1回企画展「雑誌の力」として、写真家の泊昭雄がクリエイティブディレクターを務める『hinism(ヒニスム)』の10年ぶりの復刊に先立ち、0から9号までの過去のアーカイブを展示。展示室は無料で楽しめる(「文喫」の入店料は1500円+税)。

 文喫のテーマは「本との新たな出会い」。忘れられない1冊、手放せない1冊、未知の世界との出会いのきっかけにしてほしい。