NEWS / HEADLINE - 2018.3.1

ウィキペディア編集で考える
「アート」と「フェミニズム」。
東京と京都でイベント開催

ウィキペディアにおけるジェンダーバイアスの是正と、芸術に関する記事の充実を目指すイベント「アート+フェミニズムエディタソン」が、東京と京都の2箇所で開催される。

メインビジュアル

メインビジュアル

 オンライン上で世界中の誰もが編集することができるウィキペディア。しかし、ウィキメディア財団が2011年に行った調査によると、女性の編集者は全体の10%にも満たず、そのジェンダーバイアスがしばしば問題となっている。

 2013年にアメリカで発足した「Art+Feminism」は、女性のウィキペディア編集者の増加と、女性アーティストのページの質の向上を目的としたグループ。ウィキペディアの編集技術を身に付け、ジェンダーアイデンティティと表現について学ぶ講座「アート+フェミニズムエディタソン」を、カフェやコミュニティセンターから大きな美術館・博物館、大学などで開催している。

 14年からは毎年3月8日の国際女性デーを中心に世界中でエディタソンが開催されており、今年、日本では東京(3月8日)と京都(3月10日)で開催される。

 取り扱うのは、フェミニズムをテーマにしているアーティストや作品だけではなく、女性やトランスジェンダーのアーティストの作品全般。年齢や性別、学歴やWikipediaの編集経験の有無などを問わず、誰でも参加することができる。