AdvertisementAdvertisement
2022.7.20

「NO NUKES NO WAR」の力強いメッセージ。佐藤可士和による「ヒロシマ・アピールズ2022」ポスターが完成

平和の尊さを国内外に呼びかけるポスターを制作し、広く発信するJAGDAの「ヒロシマ・アピールズ」。2022年版は佐藤可士和の《NO NUKES NO WAR》が完成した。広島市への贈呈にあわせて、東京と広島でポスターの展示・販売も実施されている(東京 〜8月11日、広島 7月20日〜25日)。

ヒロシマ・アピールズ 2022 NO NUKES NO WAR 佐藤可士和
前へ
次へ

 平和の尊さを国内外に呼びかけるポスターを制作し、広く発信するJAGDAの「ヒロシマ・アピールズ」。2022年版は佐藤可士和の《NO NUKES NO WAR》が完成した。ポスターは、7月15日に広島市役所にて佐藤より松井一實 広島市長へ贈呈された。

 また、これにあわせて東京と広島でポスターの展示・販売も実施。東京では本ポスターおよび亀倉雄策による第1回「ヒロシマ・アピールズ」ポスター(1983年)を、広島ではこれまでの「ヒロシマ・アピールズ」ポスター全作品が展示されるという。

 「ヒロシマ・アピールズ」は日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)とヒロシマ平和創造基金、広島国際文化財団が行っているもの。原爆の記憶を絶やさずに、平和を望む「ヒロシマの心」を広く伝えることを目的に、毎年1名のグラフィックデザイナーがポスターを制作し、国内外へ発信してきた。

 佐藤は制作にあたって、次のようなコメントを寄せている。

 「2022年2月24日、ロシアによるウクライナ侵攻。世界の緊張が高まる中、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所は、世界の核弾頭の総数が今後10年間で増加に転じる可能性があると発表した。日本は唯一の被爆国として、核兵器の恐ろしさを世界に伝える特別な役割を担っている。核兵器のない世界に向けて、今こそストレートに声を上げる必要があると強く感じた。ポスターは敢えてタイポグラフィーのみで構成し、力強い文字でデザインした『NO NUKES NO WAR HIROSHIMA APPEALES 2022』のメッセージそのものをメインビジュアルとした。Oと0の文字を黄色い円(和)にし、この難しい時代にあって、平和の実現を心から願う未来に向けての希望の光を表現した。一人一人が心にある希望の光を灯してつなげ、一つでも多くの希望の光が広がり、ヒロシマ・アピールズの活動が少しでも世界平和に寄与するよう願っている」(プレスリリースより一部抜粋)
佐藤可士和近影