2021.5.8

コロナにアートとファッションで応答。岡田裕子とHIROKO ITOによる「W HIROKO PROJECT」の展覧会が開催

アーティストの岡田裕子とファッションデザイナーのHIROKO ITOが、Art×Fashion×Medicalをキーワードとして昨年4月に立ち上げたアートプロジェクト「W HIROKO PROJECT」。その展覧会「Di_stance」が、5月9日〜23日にBLOCK HOUSEで開催される。

Di_STANCE 2021 Photo by KITADA Norizumi (C) W HIROKO PROJECT
前へ
次へ

 アーティストの岡田裕子とファッションデザイナーのHIROKO ITOが、昨年4月に立ち上げたアートプロジェクト「W HIROKO PROJECT」。感染に揺れる社会と人々をテーマに、Art×Fashion×Medicalをキーワードとして活動を続けてきた。

 同プロジェクトによる展覧会「Di_stance」が、東京・神宮前のBLOCK HOUSEで開催される。会期は5月9日~23日。

Di_STANCE 2021 Photo by KITADA Norizumi (C) W HIROKO PROJECT

 本展では、マスク不足で混乱が広がるなかいち早く制作され注目を集めた、洋服のように纏うマスク「TSUNAGARU MASK」を紹介。これは不織布などのフィルターを入れられるポケット付きの布マスクで、岡田裕子の原画による「抗体柄」のほか、中村ケンゴ、三田村光土里といったアーティストの作品をHIROKO ITOがデザインして1点ずつ仕上げたアートピースになっている。

 また、感染を防ぐという試練のもとで続く生活のなかで発想された、ファッションとアートのチャレンジとも言える「抗ウイルス加工の防護ガウン」「ネックパーツ」などをあわせて展示する。

Di_STANCE 2021 Photo by KITADA Norizumi (C) W HIROKO PROJECT

 加えて注目したいのは、未発表の大作「Di_stance」。social distance(感染を防ぐために意図的に人と人とが保つ物理的距離)と、intimate distance(親しい人を抱きしめられるぐらいの密接な距離)という相反するシチュエーションに反応し、形状が変化する洋服だ。会場では、このイメージを伝える写真・映像作品も紹介する。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。