EXHIBITIONS

Waste Land

ANOMALY|03.08 - 04.05

横山裕一 タンカーと高層マンション 1992 © Yuichi Yokoyama Courtesy of the artist and ANOMALY, Tokyo

 ANOMALYがギャラリーアーティストによるグループ展を開催。「Waste Land」をキーワードに、これからギャラリーと協働していく9名のアーティスト、青木野枝、岩崎貴宏、榎忠、ナイル・ケティング、篠原有司男高嶺格、立石大河亞、柳幸典横山裕一を紹介する。

 タイトルの「Waste Land」は、T.S.エリオットが第一次大戦後の西洋の混乱と荒廃を前衛的に謳った詩から着想したもの。本展は、平成を駆け抜けるアーティストたちが感受する時代の空気を意識し、ぞれぞれの作品を通じて「Waste Land」の空気の一端を可視化することを試みる。

 会場は、国内外で大規模なインスタレーションを展開する柳の代表作《バンザイコーナー》と《アントファーム・シリーズ》の展示にはじまり、マンガ家としても活躍する横山が近未来的な手法で制作した板絵、岩崎がGINZA SIXで披露した大型の新作、榎が手がけた武器を彷彿とさせる立体作品。そして、「ダムタイプ」のメンバーとしてのキャリアを持つ高嶺による写真シリーズ、彫刻家の青木が、鉄と石鹸という異素材を組み合わせた代表作、テクノロジーの進歩と人間の感覚の拡張の連動を感じさせるケティングのビデオインスタレーション、絵画にマンガのコマ割りを持ち込んだ立石の平面作品、時代の薄曇りを吹き飛ばすような、篠原のボクシング・ペインティングが並ぶ。