AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

和田誠 映画の仕事

2023.12.12 - 2024.03.24

メインビジュアル

 国立映画アーカイブ 展示室で、「和田誠 映画の仕事」が開催されている。

 和田誠(1936~2019)は大阪生まれ。多摩美術大学図案科(現・グラフィックデザイン学科)を卒業後、広告デザイン会社ライトパブリシティに入社する。68年に独立し、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしてだけでなく、映画監督、エッセイ、作詞・作曲など幅広い分野で活躍した。

 和田は、少年期からの映画への情熱に支えられ、独立後は本職の傍ら映画ポスターやアニメーション映画の制作も行った。やがてその味わいある画風は広く支持され、世界の映画人を描いた無数のイラストレーションや、映画をめぐる著書や対談集を続々と送り出していく。

 さらにその情熱は日本映画界を動かし、監督修業の経験なしに『麻雀放浪記』(1984年)をはじめ4本の優れた長篇娯楽映画を監督した。その博覧強記にもかかわらず、和田は「評論家」ではなくつねに「映画ファン」を自称していた。

 本展では、和田の限りない映画愛を感じ取れる展覧会となっている。