×
NEWS / EXHIBITION - 2017.12.6

日本のアイドルを起用した新作も。注目の若手アーティスト、ルー・ヤンが日本初の大規模個展を開催

スパイラルガーデンで、映像やインスタレーション、アニメーションなどを制作する中国人女性アーティスト、ルー・ヤンの個展が開催される。会期は2018年1月5日〜22日。

Lu Yang 電磁脳神教 2017

 ルー・ヤンは1984年中国生まれ。2010年に中国芸術院を卒業し、現在は上海を拠点に活動。科学、生物学、宗教、大衆文化などを主題とし、アニメーションやゲーム、3DCGといったデジタルメディアを用いた作品を発表している。

 近年では、2015年に「ヴェネチア・ビエンナーレ」中国館に出展、17年夏には「アジア回廊 現代美術展」(京都芸術センター)に参加。『復活!カエルゾンビ水中バレエ!』(2011)など、インパクトある作品で話題となるヤンだが、生命の脆さや現代社会の歪みを、一貫してとらえ続けている。

Lu Yang power of will – final shooting スマートイルミネーション横浜 2016

 日本初の大規模個展となる今回は、火、水、地、風を象徴する紙をモチーフとした映像インスタレーションの展示に加えて、ヤンが以前から興味を持っていたという日本のアイドル・ちゃんもも◎(バンドじゃないもん!)を起用した新作映像作品を発表。

 幼いころから日本のサブカルチャーに親しんできたヤンは、「世界を理解するために、ある人は難しい哲学書に挑むかもしれないけれど、私の場合はアニメや漫画から深いものを学ばせてもらった。自分の作品もそういうものになれたら・・・・・・」と話す。二次元の世界に自らの存在を見出す人々も少なくないいま、ヤンの作品は、人々に新たな信仰心のかたちを提示するかもしれない。

information

ルー・ヤン展「電磁脳神教-Electromagnetic Brainology」

会期:2018年1月5日~1月22日
会場:スパイラルガーデン
住所:東京都港区南青山 5-6-23 スパイラル1F
電話番号:03-3498-1171
開館時間:11:00〜20:00

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします