×
NEWS / EXHIBITION - 2017.11.25

ラウシェンバーグら30組以上が出展。開館40周年記念展に見る国立国際美術館のこれまでとこれから

2017年度に開館40周年を迎える国立国際美術館で、特別展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」が開催される。会期は2018年1月21日〜5月6日。

ロバート・ラウシェンバーグ 至点 1968 国立国際美術館蔵 © Robert Rauschenberg Foundation 提供:NTT InterCommunication Center [ICC]

 国立国際美術館は、大阪万博で建設された万国博美術館を活用して1977年に開館し、2004年に現在の中之島エリアへ移転。日本では4番目の国立美術館であり、これまでに約8000点の作品を収集、260を超える展覧会を実施したほか、教育普及活動にも力を入れてきた。

 二部構成となる本展は、積み重ねられた時間や歴史、記憶から社会の姿を浮かび上がらせる第一部と、パフォーマンスなどの時間の経過を伴う表現様式に注目し、美術館の未来の可能性を探る第二部で構成。展示室だけでなく、地下1階エレベーター前の廊下など、美術館全体を用いたかつてない規模の展覧会となっている。

アローラ&カルサディーラ Lifespan 2014 国立国際美術館蔵 © Allora & Calzadilla; Courtesy Lisson Gallery

 今回は、マリーナ・アブラモヴィッチ、ヴォト・アコンチ、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミュラー、小泉明郎、ポール・マッカーシー、森村泰昌、大竹伸朗ら30組以上のアーティストが参加。ピピロッティ・リストが高松次郎の《影》(1977)に映像を投影した作品など、美術館の収蔵作品に着想を得たコミッションワークを展示するほか、会期中をとおして行われるパフォーマンスや、鑑賞者が参加することができる作品を展開。さらに、第4回ドクメンタ(1968)に出品されたロバート・ラウシェンバーグによる《至点》(1968)が、大規模な修復を経て再び登場する。

 新たな試みにあふれた本展で、鑑賞者は時空を超えた「トラベラー」となり、自由に想像力をめぐらせることができるだろう。

information

開館 40 周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」

会期:2018年1月21日〜5月6日
会場:国立国際美術館
住所:大阪市北区中之島 4-2-55
電話番号:06-6447-4680
開館時間:10:00〜17:00(金土〜20:00)※入場は閉館の30分前まで
料金:一般 1200円 / 大学生 800円
休館日:月(2月12日は開館、13日は閉館、4月30日は開館)

event

パフォーマンス、アーティストトーク、講演会、ギャラリートークなどを開催。詳細が決まり次第、美術館ホームページでお知らせ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします