×
NEWS / HEADLINE - 2017.6.16

評価額6億円。個人がバルテュス作品を愛知県美術館に寄贈

愛知県美術館は6月15日、名古屋市在住の個人が6億円で購入したバルテュスの《白馬の上の女性曲馬師》の寄贈を受けたと発表した。

バルテュス 白馬の上の女性曲馬師 1941(1945加筆) ボードに油彩

 今回、愛知県美術館が受贈を明らかにしたのは、フランスの画家・バルテュス(1908〜2001)による絵画《白馬の上の女曲馬師》(1941/1945)。

 同作は名古屋市在住の個人が6億円で購入したもので、同館によると評価額も同様。これは同館所蔵作品のなかでは、クリムト《人生は戦いなり(黄金の騎士)》(17億7000万円)、ピカソ《青い肩かけの女》(14億円)に次いで3番目の高額作品となる。

 バルテュスは、それまであまり描かれることのなかった「ありのままの少女の姿」を描いたことで、批判を呼ぶと同時に高く評価され、ピカソからは「20世紀最後の巨匠」と評されたことでも知られている。また、日本では2014年に東京都美術館で大回顧展「バルテュス展」が行われたことは記憶に新しい。

 作品は薄暗い情景のなか、チュチュを着て冠をかぶる曲馬師の少女が白馬に乗る様子が描かれており、同館は「バルテュスのこの作品に描かれた光景は静けさに満ちており、サーカスの熱狂とはほど遠い、夢のなかのような雰囲気に包まれています」としている。

 なお本作は、7月から開催される「2017年度第2期コレクション展」で披露されるという。

information

2017年度第2期コレクション展

会期:2017年7月1日〜9月18日
会場:愛知県美術館
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
電話番号:052-971-5511
開館時間:10:00〜18:00(金〜20:00) ※入館は閉館30分前まで
休館:月曜(ただし7月17日、8月14日[月]、9月18日は開館)、7月18日
料金:一般 500円 / 高校・大学生 300円 / 中学生以下無料

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします