NEWS / HEADLINE - 2020.3.26

スタートバーン、ICタグ付きブロックチェーン証明書発行サービスStartbahn Cert.をローンチ

ブロックチェーンを活用した新時代のアートの流通・評価インフラを構築するスタートバーン株式会社が、アートのためのICタグ付きブロックチェーン証明書発行サービス「Startbahn Cert.」のベータ版をローンチ。国内外のギャラリーや美術系学校などの証明書発行団体向けに販売を開始する。

証明書情報を閲覧するビューアイメージ

 ブロックチェーンを活用した新時代のアート流通・評価インフラを構築するスタートバーン株式会社が、アートのためのICタグ付きブロックチェーン証明書発行サービス「Startbahn Cert.」のベータ版をローンチ。国内外のギャラリーや美術系学校などの証明書発行団体向けに販売を開始する。

 ブロックチェーンとは、データがネットワーク内で分散保持され、一度記録されたデータは改竄されないという特性を持つデータベース。仮想通貨のシステム基盤として注目を集め、現在様々な部門での活用が試されている。

 Startbahn Cert.は、アート作品に対する「Startrailブロックチェーン証明書(以下証明書)」と、その情報に紐付いた「ICチップ付き作品管理タグ(以下ICタグ)」を併せて発行・管理できるサービス。ブロックチェーンの特性を利用したサービスで、同社のブロックチェーンインフラStartrailの上に成り立っている。ICタグに埋め込まれたICチップの「UID」(NFCチップの製造時に付与されるユニークなID)は証明書のIDが一対一の関係で紐付いており、作品所有者がICタグに自身のスマートフォン等をかざすことで、証明書の情報を閲覧することができる。証明書は、作品名や制作者などの作品情報、所有歴や展示歴、発行者情報の記録のほか、制作者への還元金など流通や利用に関する個別規約の設定も可能。このサービスを利用することで、独自のウェブシステムを持っていないアート流通に関わる事業者もブロックチェーン上で証明書を発行・移動することができるようになり、ICタグと紐付けされることで、実空間での作品の流通状況とブロックチェーン上での来歴記録の連携が容易になるという。

Startbahn Cert. サービス概要図

 スタートバーン株式会社は、同サービスのさらなる改良や機能拡張を進め、QRコードによる展示会での情報提供サービスや、中長距離で読み取れるUHFチップの追加埋め込みによる倉庫管理との連動サービスなどの展開を検討しているという。