NEWS / HEADLINE - 2019.11.30

いちはらアート×ミックス2020、概要が明らかに。西野達、冨安由真ら60組が参加

2014年に初回が開催された芸術祭「いちはらアート×ミックス」。その第3回が、2020年3月20日より小湊鉄道を軸とした周辺エリアで開催される。今回は17の国と地域から約60組のアーティストが参加する。

 

西野達の作品イメージ

 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014年にスタートした里山が舞台の芸術祭「いちはらアート×ミックス」が、来年3回目の開催を迎える。会期は2020年3月20日〜5月17日。

五井駅操車場

 総合ディレクターを務めるのは初回以来、2度めのディレクションとなる北川フラム。「房総の里山から世界を覗く」をテーマに、小湊鉄道沿線を舞台に展開される。

 会場は、小湊鉄道の操車場がある千葉・市原市の五井駅を起点に、牛久、平三、高滝、里見、月崎、月出、白鳥、そして養老渓谷。100年の歴史を持つ小湊鉄道沿線をめぐりながら、各地の作品を見ることができるのが今回の大きな特徴だ。

レオニート・チシコフの作品メージ

 また、今回のいちはらアート×ミックスでは、「駅舎プロジェクト」として西野達が上総久保駅を「ホテル」作品に変えるほか、複数の駅が作品の舞台となる。

 東京からおよそ1時間。菜の花が咲き誇る里山風景のなかでゆったりと美術を楽しみたい。