NEWS / EXHIBITION - 2019.10.16

「北アルプス国際芸術祭2020」に目、淺井裕介、川俣正らが参加。ビジュアル・ディレクターには皆川明

長野県の北西部に位置する大町市を舞台に、2017年に初めて開催された「北アルプス国際芸術祭」。その2回目となる「北アルプス国際芸術祭2020」には目、淺井裕介、川俣正など約35組が参加し、デザイナーの皆川明がビジュアル・ディレクターを務める。会期は2020年5月31日~7月19日。

メインビジュアル

 長野県北西部の大町市は、3000メートル級の山々が連なる北アルプス山脈の麓に位置し、豊かな自然に恵まれた土地。ここを舞台として、2017年に初めて開催されたのが「北アルプス国際芸術祭」だ

  北アルプス山麓の地域資源をアートの力で世界に発信することで、地域再生のきっかけとなることを目指す「北アルプス国際芸術祭」。その2回目となる「北アルプス国際芸術祭2020」が、2020年5月31日~7月19日に開催される。

淺井裕介 土の泉 「北アルプス国際芸術祭2017」での展示風景 Photo by Tsuyoshi Hongo

 北川フラムが総合ディレクターを務める本芸術祭。今回はビジュアル・ディレクターをファッションブランド「ミナ ペルホネン」のデザイナーである皆川明を迎える。皆川は近年服づくりに加え、瀬戸内・豊島の宿「ウミトタ」や京都の宿「京の温所」にデザインやディレクションで参加。また、今年11月からは東京都現代美術館で「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」の開催も予定されている。

目 信濃大町実景舎 「北アルプス国際芸術祭2017」での展示風景 Photo by Tsuyoshi Hongo

 またこれにあわせ、第1弾の参加作家も発表。現時点で参加が決定しているのは、青島左門、淺井裕介川俣正、木村崇人、平田五郎、布施知子、目、持田敦子、カン・ヒジュン(韓国)、ジミー・リャオ(台湾)、李洪波(中国)、マナル・アル・ドワイヤン(サウジアラビア)、マーリア・ヴィルッカラ(フィンランド)の13組。開催までに、約35組のアーティストを順次発表していくという。

平田五郎 水面の風景―水の中の光~山間のモノリス 「北アルプス国際芸術祭2017」での展示風景 Photo by Tsuyoshi Hongo