NEWS / HEADLINE - 2019.10.3

あいトリ補助金の審査員が辞任。「宮田長官は声明出すべき」

文化庁による「あいちトリエンナーレ2019」への補助金全額不交付決定に関し、補助金採択に関する審査委員会の委員を務めていた鳥取大学特命教授・野田邦弘が辞意を伝えた。

 

補助金不交付決定に関わった文化庁の地域文化創生本部

 文化庁の「あいちトリエンナーレ2019」に対する補助金不交付決定問題に関し、この補助金採択の審査に関わっていた審査員のひとり、鳥取大学特命教授・野田邦弘が2日に辞意を伝えたことがわかった。

 野田は文化政策の専門家であり、過去「あいちトリエンナーレ」で実行委員会委員を務めた経験もある。今回の不交付決定について、「審査にあたっては、審査員が関わる内容と事務的な手続きの2段階がある。今回は後者にあたり、全額取り消しは本来ありえない。苦しまぎれの理屈」と語る。補助金不交付については、事前に審査員への連絡はなく、連絡が来たのは文化庁が9月26日に発表した後だったという。

  また今回の決定がおよぼす影響については、次のように話している。「あいちトリエンナーレに限らず、今後ヨコハマトリエンナーレなど類似の催しがある。また美術だけでなく、音楽や舞台芸術を含めて、国の補助金を得るために忖度してしまう可能性がある。芸術にとどまらず、宗教や学問、科学研究などありとあらゆる人間の知的活動全般に広がり、日本の国力そのものが希釈されてしてしまう」。

 現時点で、宮田亮平文化庁長官は一切のコメントを出していないが、「文化庁長官は日本の文化行政を代表する顔。ましてや宮田長官はアーティストなので、なんらかの声明は出すべきだ」と強調した。