NEWS / HEADLINE - 2019.7.16

館名は「弘前れんが倉庫美術館」に決定。田根剛デザインの現代美術館が2020年4月にオープン

青森県・弘前市にある吉野町煉瓦倉庫を改修し、2020年のオープンを予定していた「弘前市芸術文化施設(仮)」。この現代美術館の名称が「弘前れんが倉庫美術館(英語名:Hirosaki Museum of Contemporary Art)」に決定し、2020年4月11日の正式開館が発表された。

上空からみたシードルゴールドの屋根 ©︎Atelier Tsuyoshi Tane Architects

 青森の城下町・弘前市にて2020年のオープンを予定し、その仮称を「弘前市芸術文化施設(仮)」としていた現代美術館。その名称が「弘前れんが倉庫美術館(英語名:Hirosaki Museum of Contemporary Art)」に決定、2020年4月11日に正式オープンすることが発表された。

 美術館建築の土台となるのは、明治・大正期に建設され、近代産業遺産として弘前の風景をかたちづくってきた吉野町煉瓦倉庫。国内外で活躍する建築家・田根剛がこの倉庫を改修し、煉瓦からなる建造物の耐震性能を高め、場所の記憶を継承する美術館に生まれ変わらせる。

高さ15メートルの大型展示空間 ©︎Atelier Tsuyoshi Tane Architects

 美術館のコアである企画展、コレクションについては、空間の魅力を最大限に生かした国内外の先進的な作品、現代および未来の可能性を喚起させる作品、弘前や東北地域の歴史文化と向き合う同時代の作品を収集し、展示していく予定だという。

 また、施設にはスタジオやライブラリーも備え、市民が集い、創造する「開かれた美術館」として機能していくことをミッションに掲げている。

グラフィック・デザイナーの服部一成によるロゴ

 美術館のロゴを手がけたのは、三菱一号館美術館や新潟市美術館のVI計画を担当したことでも知られるグラフィック・デザイナーの服部一成。弘前の「H」が美術館名の上部に乗り、名称の文字列の長さにあわせて伸びていくデザインとなっており、市民の記憶が積み重なった煉瓦倉庫が現代美術館に生まれ変わり、弘前の未来の一翼を担っていく。その時間軸のイメージと目盛のような縦棒で「H」をかたどっている。

 今後は開館に向けたプレイベントが行われるほか、展覧会およびコレクションの詳細は2019年秋頃の発表を予定している。