NEWS / HEADLINE - 2019.7.6

大友克洋が『AKIRA』の新アニメ化と新作『ORBITAL ERA』プロジェクトを発表

SFコミック『AKIRA』が新たに「完全版」としてアニメ化されることが原作者の大友克洋によって発表された。また、近未来の建設途上のスペースコロニーを舞台にした長編冒険物語『ORBITAL ERA』のプロジェクトも明らかになった。

「ORBITAL ERA」のビジュアル © KATSUHIRO OTOMO・MASH・ROOM/O.E PROJECT

 SFコミック『AKIRA』の原作者であり、そのアニメ長編映画を監督した大友克洋が、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている「Anime Expo 2019」で、『AKIRA』の新アニメ化プロジェクトを発表した。これは、『AKIRA』の原作コミックの1〜6巻(1982〜90)をもとに展開する新しいアニメ映画。1988年に制作されたアニメ版『AKIRA』のストーリーを補完する「完全版」的なものになるという。

 また、新作劇場SFアニメ『ORBITAL ERA(オービタルエラ)』のプロジェクトも明らかにされた。

 また、大友克洋の作品大全集を出版する、講談社による「OTOMO THE COMPLETE WORKS」プロジェクトも同時に行われている。71年のデビュー作『マッチ売りの少女』から、すべての作品を年代順に収録するこのプロジェクトは、新しい集成を制作することをテーマに、大友が自ら作品の編集や構成を手がける。

 舞台は2019年で、翌年に東京オリンピックが開催されることを“予測”したことでも話題の『AKIRA』。東京オリンピックの開催を迎える現実世界でも、一昨年10月より渋谷パルコの工事仮囲いを舞台に始まった『AKIRA』アートウォール・プロジェクトや、昨年末にNHKで放送された、大友克洋がデザイン監修のドキュメンタリー『東京リボーン』、そして2021年5月に公開予定のハリウッド実写版映画など、まさに「AKIRA」のブームが巻き起こっている。新しいアニメーションの詳細情報など、今後の続報に注目したい。