NEWS / HEADLINE - 2019.7.4

コンセプトは「アートコレクターの住まい」。京都に新たなホテル「node hotel(ノードホテル)」が開業

ホテルの新規開業が相次ぐ京都。ここに、「アートコレクターの住まい」をコンセプトに掲げる新たなホテル「node hotel(ノードホテル)」が7月26日に開業する。

1階パブリック・スペース

 「アート&カルチャー」をコンセプトに掲げる「HOTEL ANTEROOM KYOTO」や、アーティストが手がけた31部屋を備える「BnA Alter Museum」など、京都にあるアートをテーマにしたホテルの数々。ここにまたひとつ、新たなホテルが加わることになった。

node hotel(ノードホテル)外観

 7月26日、京都の中心部である四条烏丸近くに開業する「node hotel(ノードホテル)」のコンセプトは「アートコレクターの住まい」。同ホテルでは、世界中のギャラリーやアートフェアで購入されたアーティストの作品を、1階のパブリック・スペースに展示。客室にも作品を展示するという。

 展示されるアーティストのラインナップは、バリー・マッギー、ベルナール・フリズ、五木田智央大竹伸朗荒木経惟、井田幸昌など。

1階エントランス
ジュニアスイート

 これに加え、アーティストやギャラリーとコラボレーションした展覧会やポップアップストアなど、アート、デザイン、ファッション、音楽をテーマにした企画イベントも実施。その第一弾として、8月2日から25日まで、桑田卓郎の作品展示が行われる。

 なおホテルは5階建てで、1階がレセプション、ロビー、カフェダイニング、バー。2〜5階が客室となっており、客室数は25室。

1階バー
スタンダードダブル
スーペリアツイン