ARTISTS

大竹伸朗

Shinro Otake

1955年東京都出身。武蔵野美術大学造形学部油絵学科を卒業。80年代初頭より、絵画を中心に音や写真、映像を取り込んだ立体作品などの多彩な表現を展開。異分野のアーティストとのコラボレーションでも知られ、現代美術のみならず、デザイン、文学、音楽など、あらゆるジャンルで活躍する。88年に愛媛県宇和島へ移住。現在も同地を拠点に活動している。代表作に2009年、香川県直島にオープンした公共浴場の《直島銭湯「I♥湯」》、様々な印刷物で飾られた小屋とトレーラーからなる《モンシェリー:スクラップ小屋としての自画像》(2012)、休校中の女木小学校の中庭に設置された《女根/めこん》など。また、写真やチラシ、雑誌の一部などをコラージュした「スクラップブック」を数多く手がけている。主な個展に「大竹伸朗 全景 1955-2006」(東京都現代美術館、2006)、「大竹伸朗展 ニューニュー」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、2013)、「大竹伸朗展 憶速」(高松市美術館、2013)など。