NEWS / HEADLINE - 2019.1.12

香取慎吾が国内初個展を開催。100点以上の絵画作品に加え体験型のインスタレーションも発表

2018年にフランス・パリのカルーセル・デュ・ルーヴルで初個展「NAKAMA des ARTS」を開催した香取慎吾が、日本初個展となる「サントリー オールフリーpresents BOUM!BOUM!BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展」を開催する。会期は2019年3月15日~6月16日。

香取慎吾

香取慎吾

 2017年に日本財団主催の展覧会「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」に参加したことを皮切りに、様々なプロジェクトで自身の作品を発表してきた香取慎吾が、国内初個展となる「サントリー オールフリーpresents BOUM!BOUM!BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展」を開催する。

 舞台となるのは、2017年3月30日に豊洲にオープンした「IHIステージアラウンド東京」。劇場中央には1300人以上の観客を乗せて360°回転する円形客席が配置されており、それをステージと巨大なスクリーンが取り囲むという、独自の構造が特徴だ。

 香取は本展において、パリで発表した100点超のペインティング作品の凱旋展示に加え、“常識やぶりなテーマ”で制作される、体感・体験型のインスタレーション作品群も発表予定だという。

 本展は展覧会であるものの、公演形式となっており、1日9公演を開催。各回120分の入替制となっている。

 フランス語で「ドキドキ」のような心臓の鼓動音を表現する「BOUM!」をタイトルに冠した本展。香取は次のようなコメントを発表している。

いつか個展をしてみたいと思っていた

初個展がパリだとは想像を遥かに超えていた

早く日本での初個展をしたいと思っていた

まさか国内初個展が360度回転劇場で開催される事になるとは

僕は僕の想像を遥かに超えていく

香取慎吾 NIPPON 初個展 今からドキドキが止まらない!

BOUM! BOUM! BOUM!