NEWS / EXHIBITION - 2017.8.12

美人画に生涯をかけた女性画家・
上村松園。山種美術館の珠玉の松園コレクション全18点が一挙公開!

山種美術館で、上村松園の日本最大規模のコレクション全18点が、様々な画家の美人画とともに一挙に公開される企画展「上村松園 ―美人画の精華―」が開催される。会期は8月29日〜10月22日。

上村松園 つれづれ 1941(昭和16)年 絹本・彩色 山種美術館

上村松園 つれづれ 1941(昭和16)年 絹本・彩色 山種美術館

 「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない」と語り、生涯を通じて気品溢れる女性たちの姿を描き続けた画家・上村松園(1875〜1949)。山種美術館の創立者・山﨑種二(1893〜1983)との間には親しい交流があり、同館の松園コレクションは日本最大規模のものとして知られている。

 本展では、そのコレクション全18点を一挙に公開。《蛍》《砧》《牡丹雪》などの代表作を一度に見ることのできる貴重な機会となる。

 また、松園の作品とあわせて、江戸時代から現代までの様々な画家たちによって描かれた作品も展示。鈴木春信や喜多川歌麿、月岡芳年などの浮世絵をはじめ、小倉遊亀、片岡球子など松園と同じ女性画家の描く凛とした女性たちなど、バラエティに富んだ美人画を紹介する。