2021.9.17

「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」が22年9月から京都市京セラ美術館で単館開催へ。100点以上が日本初公開

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、 開幕延期となっていた「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」展が、新たに2022年9月17日~2023年2月12日の会期で開催されることが決定した。京都市京セラ美術館での単館開催。

メインビジュアル

 当初、昨年9月に京都市京セラ美術館で開催が予定されていたものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって開幕延期となっていた「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」展が、2022年9月17日 ~2023年2月12日の会期で開催されることが決定した。京都市京セラ美術館での単館開催となる。

 本展は、ウォーホルの故郷であるアメリカ・ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の所蔵作品のみで構成される日本初の展覧会であり、展示される 約200点+映像15作の展示作品のうち、100点以上が日本初公開作品。京都のみで大規模なアンディ・ウォーホルの個展が開催されるのは初めてで、 関西では約四半世紀ぶりとなる。

 ポップ・アートの旗手として、 アメリカの大量消費社会の光と影を描いたアンディ・ウォーホルの初期から晩年にわたる本展は、1950年代に商業イラストレーターとして活躍していた初期の作品から、60年代に事故や死を描いた象徴的な「死と惨事」シリーズ、 アンダーグラウンド映画やテレビ番組などの映像作品、 セレブリティ(有名人)たちの注文肖像画、 そして晩年の作品などが包括的に紹介される。

 ウォーホルは56年の世界旅行中に初めて来日し、京都を訪れたことがあり、本展では、京都とウォーホルの関係を示す貴重なスケッチなども展示される。