NEWS / EXHIBITION - 2019.11.7

ロエベ クラフト プライズ 2019受賞の3作品が再び。第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ開催

ロエベファンデーション クラフト プライズ 2019大賞受賞者である石塚源太や特別賞を受賞したハリー・モーガン、高樋一人の作品が、第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ「越境する工芸」にて展示される。会場は金沢21世紀美術館、会期は11月10日〜21日。

 

石塚源太 Surface Tactility #11 2018 漆、スチレンフォーム玉、2-way トリコット、リネン生地 670×660×840mm

 レザーブランド、ロエベが創設した財団による、ロエベファンデーション クラフト プライズが今年も受賞者を発表。大賞は京都を中心に活動する石塚源太、特別賞はハリー・モーガン、高樋一人に贈られた。

ハリー・モーガン 'Untitled'  2018 Dichotomy Seriesより ガラス、コンクリート 250×300×950mm

 その3つの受賞作品が、金沢21世紀美術館で開催される第4回金沢・世界工芸トリエンナーレに出品される。会期は11月10日〜21日。

 「越境する工芸」をテーマとする本祭は、公募展と企画展で構成される。公募展では2019金沢・世界工芸コンペティションによって選ばれた作品、企画展では国内外の招聘アーティストによる作品、金沢21世紀美術館のコレクション作品、 そしてロエベファンデーション クラフトプライズ 2019の大賞と特別賞作品を展示する。

高樋一人 KADO (Angle)  2018 サンザシの小枝、ろうを施したリネンのより糸 290×1370×860mm

 工芸芸術のさらなる展開を感じさせる多様な作品とともに、受賞作品を再び鑑賞できるまたとない機会だ。