NEWS / EXHIBITION - 2019.3.14

GYREで「デヴィッド・リンチ 精神的辺境の帝国」展が開催。初期作『イレイザーヘッド』の撮影地からインスピレーションを得た作品群とは?

東京・原宿のGYRE GALLERYが、同ギャラリーのリニューアルを記念して、デヴィッド・リンチの個展「デヴィッド・リンチ 精神的辺境の帝国」を開催。本展は、リンチ本人と本展のキュレーター・飯田高誉が厳選したペインティング、ドローイング、工業地帯の写真、水彩画、そして未公開短編映画『Fire』で構成される。会期は4月19日〜6月23日。

デヴィッド・リンチ I SEE MY LOVE 2012

デヴィッド・リンチ I SEE MY LOVE 2012

 シュルレアリスティックな独自の作風を築き上げ、「カルトの帝王」とも呼ばれる世界的映画監督、デヴィッド・リンチ。その制作活動は、映画制作のみならず、脚本家、プロデューサー、ミュージシャン、アーティスト、俳優など多岐にわたる。

 今回、東京・原宿のGYRE GALLERYでは、同ギャラリーのリニューアルを記念して、リンチの個展「デヴィッド・リンチ 精神的辺境の帝国」を開催。本展は、リンチ本人と本展のキュレーター飯田高誉が厳選したペインティング、ドローイング、工業地帯の写真、水彩画、そして未公開短編映画『Fire』も会場内で上映される。

デヴィッド・リンチ SMOKER HEAD 2011

 一連の作品群は、リンチ初期の代表作『イレイザーヘッド』(1977)と、その映画ロケを行った制作現場のフィラデルフィア工業地帯へのインスピレーションに捧げたものとなっており、リンチ芸術の原点を見据えた展覧会構成ともいえるだろう。

デヴィッド・リンチ Untitled(Lodz 6884: 20) 2000