NEWS / EXHIBITION - 2018.11.2

カラヴァッジョ展が2019年夏から札幌、名古屋、大阪を巡回。日本初公開の3点を含む約10点が展示へ

16世紀イタリアを代表する画家の一人、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ。その展覧会が、日本初公開の3点とともに2019年8月から20年2月まで札幌、名古屋、大阪を巡回することが決定した。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ マグダラのマリア 1606 個人蔵 ©Associazione Metamorfosi

 《マグダラのマリア》や《バッカス》など、大胆かつ劇的な絵画で知られる画家、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571〜1610)。日本では、2016年に過去最大となる展覧会が国立西洋美術館で開催され、当時は約39万人を動員した。

 そして19年8月、新たに日本初公開作品を含めた約10点の来日が決定。本展は北海道立近代美術館を皮切りに、名古屋市美術館、あべのハルカス美術館を巡回する。

 38歳で生涯を終えたカラヴァッジョの現存作品はわずか60点ほどと言われており、その多くが祭壇画など移動不可能なもの。そんななか本展では、16年のカラヴァッジョ展で見ることのできなかった代表作3点《病めるバッカス》(1594)、《ゴリアテの首を持つダヴィデ》(1610)、《ホロフェルネスの首を斬るユディト》(1599)が来日する。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ 病めるバッカス 1594 ボルゲーゼ美術館蔵
©Alinari, Licensed by AMF, Tokyo / DNPartcom Reproduced with the permission of Ministero per i Beni e le Attività Culturali
※札幌会場のみ出展

 ミラノからローマに着いてすぐのこの頃、ひどい病気にかかり、回復の途上にあったカラヴァッジョ。不健康な姿が印象的なギリシャ神話の酒の神・バッカスを描いた《病めるバッカス》(1594)は、カラヴァッジョの自画像ではないかと言われている。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ ゴリアテの首を持つダヴィデ 1610
ボルゲーゼ美術館蔵
©Alinari, Licensed by AMF, Tokyo / DNPartcom Reproduced with the permission of Ministero per i Beni e le Attività Culturali
※名古屋会場のみ出展

 カラヴァッジョはもとより気性の荒さで知られていたが、この頃ついに殺人を犯し、罪を逃れ流浪していた。《ゴリアテの首を持つダヴィデ》(1610)は、斬られたゴリアテの首がカラヴァッジョの自画像であるとされている。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ ホロフェルネスの首を斬るユディト 1599
バルベリーニ宮国立古典美術館蔵 per concessione del Ministro dei beni e delle attività culturali e del turismo
※大阪会場のみ出展

 そして、斬首の情景をリアルに描いた《ホロフェルネスの首を斬るユディト》(1599)。劇的な明暗表現などの手法は、ルーベンスやラ・トゥール、レンブラントなど17世紀の画家たちにとくに大きな影響を与えることとなった。

 そのほかにも本展では《マグダラのマリア》など、東京でも話題を呼んだ作品の数々や、カラヴァッジョに影響を受けた「カラヴァジェスキ」たちの作品も展示。栄光と狂気のあいだで傑作を生み出したカラヴァッジョその人と、自身が切り開いた絵画の新時代を追う。

 なお、《病めるバッカス》《ゴリアテの首を持つダヴィデ》《ホロフェルネスの首を斬るユディト》は、それぞれ札幌、名古屋、大阪会場のみの出展となっている。