NEWS / EXHIBITION - 2017.12.24

グランプリは仙石裕美。970名の応募者から選ばれた71名による作品展「FACE展2018」が開催

公募コンクール「FACE展」入選者の作品を紹介する「FACE展2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展」が開催される。会期は2018年2月24日〜3月30日。

グランプリ 仙石裕美 それが来るたびに跳ぶ 降り立つ地面は跳ぶ前のそれとは異なっている 2017 キャンバスにアクリル、油彩

グランプリ 仙石裕美 それが来るたびに跳ぶ 降り立つ地面は跳ぶ前のそれとは異なっている 2017 キャンバスにアクリル、油彩

 「年齢・所属を問わず、真に力のある作品」を公募し、世界に羽ばたく人材を発掘する「FACE展」。6回目を迎える今回は、970名の応募から入選者71名を選出、その中から各賞の受賞者9名を決定。2018年2月24日より、これらの作品を一般に公開する展覧会「FACE展2018」を開催する。

優秀賞 井上ゆかり ふたつの海 2017 キャンバスに油彩

 グランプリを手にしたのは仙石裕美《それが来るたびに跳ぶ 降り立つ地面は跳ぶ前のそれとは異なっている》。続いて優秀賞を松本啓希《生命の痕跡》、阿部操《The beautiful day》、井上ゆかり《ふたつの海》の3名が獲得、読売新聞社賞を邱仁添、審査員特別賞を佐藤凱、上田葉介、赤松加奈、笹山勝雄が受賞した。

読売新聞社賞 邱仁添 晩餐 2017 キャンバスに油彩
審査員特別賞 赤松加奈 room 407 2017 パネルにキャンバス、アクリル

 会期中にはこれらに加えて、観覧者投票による「オーディエンス賞」も選出。この機会に、「国際的に通用する可能性を秘めた」新進作家の作品展に足を運んでみてはいかがだろう。

 なお、グランプリ受賞作品は美術館が所蔵し、次回の「FACE展2019」に出品。さらにグランプリ、優秀賞受賞者4名は、2019年に開催されるグループ展にも参加予定だ。