NEWS / EXHIBITION - 2017.10.13

日本初! デンマーク・デザインに特化した展覧会で近現代の名品が勢揃い

近代から現代までのデンマーク・デザインを紹介する「デンマーク・デザイン」展が、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催される。会期は11月23日〜12月27日。

ハンス・ウェグナー 椅子 JH550《ピーコックチェア》 1947 メーカー:ヨハネス・ハンスン Photo by Michael Whiteway

ハンス・ウェグナー 椅子 JH550《ピーコックチェア》 1947 メーカー:ヨハネス・ハンスン Photo by Michael Whiteway

 日本とデンマークの国交樹立150年を迎える2017年の冬、デンマーク・デザインに特化した日本で初めての展覧会が開催される。

カーアン・ケルゴー=ラースン 皿《ブルーフルーテッド メガ》 2000 デンマーク・デザイン博物館蔵 メーカー:ロイヤル コペンハーゲン Photo by Royal Copenhagen

 近年人気を集める北欧デザインのなかでも、数々の巨匠を輩出し続けるデザイン大国・デンマーク。特に第二次世界大戦後の「ミッド・センチュリー(20世紀中頃)」と呼ばれるデザイン史上の黄金期には、アーネ・ヤコプスン(アルネ・ヤコブセン)をはじめとする多くのデザイナーが、多彩な優品を作り出した。

コーオ・クリント 椅子 KK37580《レッドチェア》 1927 デンマーク・デザイン博物館蔵 メーカー:ルド・ラスムッセン工房 Photo by Designmuseum Danmark/Pernille Klemp

 デンマーク・デザインの最大の特徴である、シンプルな美しさと機能性、そして確かな技術に裏打ちされた高い品質。本展では、19世紀後半からミッド・センチュリーを経て現代にいたる、多彩なデンマーク・デザインを紹介する。

コーオ・クリント ペンダント・ランプ《レ・クリント 101C》 1944 メーカー:レ・クリント Photo by LE KLINT
キビースィ 自転車《PEK》 2015 デンマーク・デザイン博物館蔵 メーカー:ビオミーガ Photo by Biomega

 また会場内には、ハンス・ヴィーイナ(ウェグナー)がデザインした椅子に座り、座り心地を体感できるコーナーも設置。

 デンマーク・デザイン博物館の学術協力のもと開催される本展では、食器や家電、自転車といった展示作品のほとんどが日本初公開となる。