EXHIBITIONS

岡﨑乾二郎「TOPICA PICTUS てんのうず」

岡﨑乾二郎 Notre liberté et la liberté de Dieu/貴婦人の微笑 2020

展示風景より ©️ Kenjiro Okazaki Photo by Shu Nakagawa Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art

展示風景より ©️ Kenjiro Okazaki Photo by Shu Nakagawa Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art

展示風景より ©️ Kenjiro Okazaki Photo by Shu Nakagawa Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art

 岡﨑乾二郎の個展「TOPICA PICTUS てんのうず」がTakuro Someya Contemporary Art(TSCA)で開催中。本展では最新作「TOPICA PICTUS」を公開している。

 岡﨑は1955年東京都生まれ。批評家としても活動し、絵画、彫刻、建築、思想など多岐にわたるジャンルを行き来しながら制作を続けている。今年8月のTSCAでの個展「A Decade or So Ago・As Tears Go By」では、2010年までに制作された作品のなかから、作家が特別な意味を感じ大切に保存してきた作品群を10数年ぶりに展示。この機会を通じ、現在、私たちが置かれている困難な状況の意味を改めて考え直す、回顧から展望へ思考を転換する内容となった。

 本展「TOPICA PICTUS てんのうず」は、前回の個展をプロローグとして位置づけるかのように広がっていく、「TOPICA PICTUS」における4つの出発点のひとつ。岡﨑が今年3〜6月にかけてアトリエにこもり、集中的に制作した150点強の作品を複数に分割し、本展を含め10月半ばより美術館、ギャラリー、書店ほか世界各地の様々な場所で分散的に展示していく。

 また、「TOPICA PICTUS」なかから138点を収録した同名の画集も出版。「TOPICA PICTUS」は画集を含め、岡﨑の「ゼロ・サムネイル」の概念を新たなステージへと押し上げるシリーズとなっており、これまでにないモチーフやタイトル、大胆な組み構成などによって、受け手である私たちの新たな思考を促すとともに、様々な展望を抱かせる驚きと発見にあふれている。