ARTISTS

岡﨑乾二郎

Kenjiro Okazaki

1955年東京都出身。82年の第12回パリ・ビエンナーレ招聘以来、数多くの国際展に出品。作品制作と並行して批評家としても活動。絵画、彫刻、建築、思想など多岐にわたるジャンルを行き来し、メタ的視点から表現を展開。代表作に、切り紙細工を思わせるレリーフ・コンストラクション作品「あかさかみつけ」シリーズなど。主なグループ展に「田中信太郎 岡﨑乾二郎 中原浩大 かたちの発語展」(BankART Studio NYK、横浜、2014)、個展に「ART TODAY 2002」(セゾン現代美術館、長野、2002)などがある。作家活動のほかにディレクションやキュレーションなども手がけており、近畿大学国際人文科学研究所による四谷アート・ステュディウム(2014閉校)では主任ディレクターとして芸術教育のひとつのモデルを提示。また、2002年の第8回ヴェネチア・ビエンナーレでは日本館のテーマ展示「漢字文化圏における建築言語の生成」でディレクターを務めた。17年には「抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」展(豊田市美術館)の企画制作を行った。