AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

能作文徳+常山未央展:都市菌――複数種の網目としての建築

2024.01.18 - 03.24

メインビジュアル

 TOTOギャラリー・間で「能作文徳+常山未央展:都市菌――複数種の網目としての建築」が開催されている。

 能作文徳と常山未央は、建築設計や論考執筆に加え、国内外の大学を拠点に建築と都市と生態系の関係性リサーチを続けてきた。自宅兼事務所の「西大井のあな」では、鉄骨造の中古住宅に光と熱が循環する孔を開け、コンクリートで覆われた外構を自分達の手ではつり、土中改善を行うなど、エコロジカルな視点で改修している。そこは他で得た学びを実験し、次のプロジェクトへと展開させる実践の場となっている。能作と常山が「URBAN WILD ECOLOGY」と呼ぶ、こうした都市のなかに野生を取り戻す取り組みに加え、近年では石場建てや木組などの伝統知、 藁や土壁といった土に還る素材を積極的に設計に取り入れている。

 能作と常山は、都市を「人間の手が入った多様な生物が暮らす居住域」だと言う。課題を抱える現代の都市の一部を分解し、その養分を吸収し、菌(きのこ)のように成長する。そんな腐敗と再生の網目の結節点として建築をとらえ、野生や伝統知を手に網目に切り込みを入れつなぎ直すことにより、複数種のネットワークを構築しようとしている。

 本展は、「西大井のあな」のさらなる改修案や、最新作「秋谷の木組(秋谷スマートハウスE棟)」をはじめとするプロジェクトの断面図や模型などを通じて、網目をつなぎ直すために誰もが真似できる小さな試行錯誤を共有する試み。