AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

矢入幸一個展「Koichi Yairi 24,♯1」

2024.01.27 - 02.18

矢入幸一 バナナとアヒル 2023

 SAIで、矢入幸一による過去最大規模個展 「Koichi Yairi 24,♯1」 が GALLERY TARGET と共催で開催される。

 矢入は1992 年生まれ、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。ロンドンや韓国、 日本など、国内外で個展を開催するほか、クライアントワークでは、レコードジャケット、 キャラクターデザイン、アパレルなどへのアートワークの提供などグラフィックアートを軸に活動している。

 矢入はペイントと印刷技法を駆使する「技法のコラージュ」を用いた制作技法と多様なかたちにされたキャンバスを用いて、一見ポップでありながらどこか静寂と繊細さを備えた表現で知られている。また、展示空間全体をひとつのオリジナルストーリーで紡ぎ、まるで絵本を読み進めるかのように構築される展示方法もユニークと言える。

 これまでロンドン、ソウル、香港、福岡そして東京での個展成功を経て迎える本展は、作家本人とってのひとつの集大成として、そして新しい表現開拓の場として機能する。会場はふたつの空間に分けて作品が展示される。ひとつはこれまでのスタイルに沿った矢入の生活よりインスピレーションを受け生まれた物語を軸に、挿絵の役割を果たすキャンバス作品が展示。もうひとつの空間ではこれまでの物語を用いた展示とは異なる、印刷とペイント双方を用いた制作手法のポテンシャルを試す場として、より複雑で洗練された大型キャンバス作品を展覧する。