AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

キュンチョメ 「魂の色は青」

2023.10.07 - 12.17

キュンチョメ 海の中に祈りを溶かす 2022〜23 映像

 黒部市美術館で、キュンチョメによる個展 「魂の色は青」が開催されている。

 キュンチョメ(ホンマエリ、ナブチ)は、制作行為を 「新しい祈り」ととらえ、様々な社会問題や自然災害、そこに関わる人々と正面から向き合い、複雑に絡まる感情や交錯する意見を反映させながら作品に昇華させてきた。

 2022年以降は、フィリピンやハワイに滞在し現地の圧倒的な自然や、多様な価値観に触れ、思考を更新していった。そして現在、海や大地、あるいは地球そのものに関わりながら 「新しい幸福」のあり方を模索している。

 本展の展示作品11点はすべて新作で、海で制作された作品を中心に構成されている。作家は近年、様々な方法で海に潜り続けてきた。全身の力を抜き、環境に身を委ね、息を止めて海の深くまで行き、再び海面へ浮上し、息を吸い込む。その 「呼吸」はキュンチョメにとって生の実感であるとともに、世界と出会い直す瞬間であったとされている。

 また、海辺近くのカフェや、展示会場の外にも作品が点在しており、館内だけでなく黒部の自然に触れながら作品を鑑賞できる構成となっている。会期初めの10月から11月にかけての1ヶ月は作家が現地に滞在し、「深呼吸を持ち帰る」ためのワークショップが定期開催されるほか、「記憶のアイスクリーム」(アイスクリームの記憶とアイスクリームを交換する作品)が突発的に開催されている。

 本展は、会場で提示される 「新しい幸福」が、様々な不安や緊張が存在するこの時代を、ともにしなやかに生きるためのひとつの指針となることをめざす。