AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

芭蕉布 人間国宝・平良敏子と喜如嘉の手仕事

2023.09.09 - 10.29

煮綛芭蕉布 琉装着物 「黄地 絽織 経縞」 平成16年
喜如嘉の芭蕉布保存会 © つは写真館 比嘉厚

 美術館 「えき」KYOTOで、「芭蕉布 人間国宝・平良敏子と喜如嘉の手仕事」が開催されている。

 芭蕉布とは、亜熱帯を中心に分布する植物 「糸芭蕉」の葉柄から採れる繊維を材料とした沖縄を代表する織物のこと。第二次世界大戦後に消滅しかけた芭蕉布を、生まれ育った大宜味村喜如嘉(おおぎみそんきじょか)で、糸芭蕉の畑を自ら復活させ、工房をつくり、現代へと繋いだのが人間国宝・平良敏子であった。

 芭蕉布は、3年ほどかけて糸芭蕉を育てることから始まる。収穫後の糸づくりから、染め、織りまで、膨大な時間をかけ、30近い工程を経て完成していく。この貴重な芭蕉布は、喜如嘉の女性たちの努力と熱い志によって、いまも大切に受け継がれている。

 本展では、芭蕉布の着物、帯、裂地や資料など約70点にわたり展覧する。糸が織りなす透けるような風合い、古くから伝わる琉球藍や車輪梅の力強い色彩、バラエティに富んだ絣柄の世界など、沖縄の伝統文化である美しい手仕事の魅力を楽しんでほしい。