AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

須田日菜子・田村美琴・KAYA「ひかりをつかむ」

2023.08.19 - 09.03

KAYA Long, Long Day 2023

 ARTDYNEで須田日菜子、田村美琴、KAYA の 3人の若手女性作家によるグループ展「ひかりをつかむ」が開催されている。

 須田は1998年東京生まれ。主な個展は 「風吹けば桶屋が儲かる」(JINEN GALLERY、2020)、「Light(i.e. not heavy.)」(JINEN GALLERY、2021)、「せきをしてもひとり」(JINEN GALLERY、2022)など。

 田村は2001年神奈川県生まれ。23年に東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻領域を卒業し、現在は同大学大学院 造形研究科造形専攻 修士課程美術領域に在学している。主な個展は「遠くなったニュースと暗い夜、コンビニの駐車場で見える誰かの素顔/mime」(東京造形大学、2022)、「ZOKEI 展(東京造形大学卒業・修了制作展)」(東京造形大学、2023)。

 KAYAは2000年台湾、台北生まれ。23年に日本大学芸術学部絵画コースを卒業し、現在でも東京にて制作を行なっている。

 それぞれ違うベクトルを持ち、探求を深めつつある須田、田村、KAYAは、光の透過や反射、かすかな震えなど、光との親和性に共通項が見られる。本展では3人の作品を一堂に展観することで、須田、田村、KAYAの共通項と個性の違いを浮き彫りにする。