AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

三上晴子「Eye-Tracking Informatics」

2023.05.23 - 08.26

三上晴子 Eye-Tracking Informatics 2011 撮影:古屋和臣 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]

 √K Contemporaryで、三上晴子の個展「Eye-Tracking Informatics」が開催されている。

 三上は1984年から情報社会と身体をテーマとしたインスタレーションを手がけ、95年からは知覚によるインターフェイスを中心に、視線入力や、聴覚と身体内音などを用いたインタラクティブ作品を発表。2000年からは多摩美術大学情報デザイン学科で教鞭を執ってきた。

 本展で紹介される 「Eye-Tracking Informatics」は、2011年に山口情報芸術センター(YCAM)で制作・発表され、2019年にNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)でも展示された。「視ることそのものを視る」というコンセプトのもとに制作され、鑑賞者の視線の軌跡を三次元仮想空間内に可視化していくインスタレーション作品を体感できる展覧会となっている。

 本作品は以下の日程にて公開。2023年5月23日~5月31日、6月13日~6月30日、7月1日~7月15日、7月25日~7月29日、8月1日〜8月26日。