×
NEWS / EXHIBITION - 2017.10.3

「文化交流」の視点から桃山文化を再考する。「新・桃山展」で国内外の貴重な作品が集結

鉄砲が伝えられた1543年(42年)から「鎖国」が完成した1639年までの約100年間の美術を、「文化交流」の視点から見つめ直す展覧会が、九州国立博物館で開催される。会期は10月14日〜11月26日。

重要文化財 花鳥蒔絵螺鈿聖龕 安土桃山〜江戸時代(16〜17世紀) 九州国立博物館蔵

 ポルトガルが鉄砲を伝えた1543年(42年)から「鎖国」が完成した1639年。室町時代末期から江戸時代初期にあたる日本では、アジア諸国に加え、東方貿易に参入してきたヨーロッパとの交流が盛んに行われた。

重要文化財 聖フランシスコ・ザビエル像 江戸時代(17世紀) 兵庫・神戸市立博物館蔵

 本展では、この激動の時代において、時勢と人、モノの往来に対して異なる外交政策をとった3人の天下人ー織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ーに注目。それぞれを各章の案内役として、対外交流という新たな観点から、時代を彩った美術品をみつめなおす。

南蛮屏風(左隻) 狩野内膳 安土桃山〜江戸時代(16〜17世紀) 【展示期間:10月14日〜29日】
国宝 松林図屏風(右隻) 長谷川等伯 安土桃山時代(16世紀) 東京国立博物館蔵 【展示期間:11月14日〜26日】

 各章では、80年ぶりの公開となる《南蛮屏風》(16〜17世紀)や、《聖フランシスコ・ザビエル像》(17世紀)《花鳥蒔絵螺鈿聖龕》(16〜17世紀)といった重要文化財、さらに国宝に指定されている《檜図屏風》(1590年)《松林図屏風》(16 世紀)などを展示。天下人が愛した桃山文化の傑作が登場する。

大洪水図屏風 中国(マカオ) 17世紀末〜18世紀前半 メキシコ・ソウマヤ美術館蔵 カルロス・スリム財団

 またエピローグでは、日本からの輸出品に影響を受けて、マカオやメキシコで制作された油彩画の屏風(ビオンボ)に光を当てる。このビオンボが日本で公開されるのは、今回が初めてだ。

 目まぐるしく世界が変化した大航海時代の日本美術を、「文化交流」の視点から紐解く本展。期間中には、本展の内容をさらに深めることができる講演会や特別展示など、さまざまな関連イベントも予定されている。

information

「新・桃山展ー大航海時代の日本美術」

会期:2017年10月14日〜11月26日
会場:九州国立博物館 3階 特別展示室
住所:福岡県太宰府市石坂4-7-2
電話番号:050-5542-8600
開館時間:9:30〜17:00(金土〜20:00)※入館は閉館の30分前まで
料金:一般 1600円 / 大高生 1000円 / 小中生 600円
休館日:月

event

国指定重要無形民俗文化財 幸若舞「敦盛」披露
日時:10月14日 17:30~
会場:九州国立博物館1階ミュージアムホール
定員:280名(事前申込不要、先着順)
料金:無料(要本展観覧券もしくは半券)
 
リレー講座「大航海時代の世界と日本」
日時:
第一回 10月21日 14:00~15:30
第二回 10月28日 14:00~15:30
会場:九州国立博物館1階ミュージアムホール
料金:無料(要本展観覧券もしくは半券)
定員:280名(事前申込不要、当日受付)
講師:
第一回 鷲頭 桂(当館主任研究員) 、酒井田 千明(当館研究員)
第二回 松浦 晃佑(当館研究員)、伊藤 嘉章(当館副館長)
 
特別展示「黄金の茶室」(復元品・京都市蔵)
展示期間:10月13日~11月26日
会場:九州国立博物館1階エントランスホール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします